古い原付2台原付の購入を考えている人に向けた記事です。

 

『ちょっとした用に足が欲しいんだけど原付スクーターってどうなの?』

『自分の通学用と、母の買い物用で原付を考えてるんだけど維持費が知りたいな』

 

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • 生活の足として「原付」を選ぶ理由
  • 原付は生活の中で幅広く活躍できる相棒
  • 原付の維持費はめちゃくちゃ安い!

この3つを紹介します。

 

結論からいうと「原付は一家に一台あるとめちゃくちゃ便利」ですので、購入してもいいと思います。

 

ただし、「バイクが欲しい」という理由ではおすすめできず、あくまで生活用の足として使う場合だけです。

スポンサードリンク

生活の足として「原付」を選ぶ理由

原付の立ち位置としは「生活の足」というのが一番多いですね。

自転車よりもラクで荷物も入るので、主婦にもオススメですので家族共用の足としていいかもしれません。

自動車免許があれば誰でも乗れる

50cc以下の原付は、普通自動車の免許があれば乗れますので、個別で免許をとる必要はありません。

 

それに原付単体の免許の講習も、「アクセル回して進んで~ブレーキ引いて止まって~」くらいなので実質初めてのる人でも交通ルールさえ分かっていれば問題なしです。

 

性別年齢関係なく、練習すれば乗れます。

車体はもちろん「維持費」も安い

原付スクーターは新車なら「総額15万円」くらいで買えます。

 

中古なら6万辺りで見つかると思いますが、安すぎるのは故障の心配があるのでできるだけ新しいものを選びましょう。

 

そして原付のメリットとして「維持費がめっちゃ安い」ということです。

1年間で5万円も出せば

  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 盗難保険
  • ガソリン代
  • メンテナンス代
  • 税金

これら全て収まります。ガソリン代も「通学・通勤で毎日使う」ことを想定した結果なので、ほとんどの場合はもっとやすくなるでしょう。

 

原付の維持費については『原付スクーターの1年間維持費はいくら?足用なら3万円あれば余裕』こちらの記事でさらに詳しく書いてありますのでチェックしましょう。

積載量は買い物用としは最強

原付を生活の中にいれるメリットとして、「初期状態で荷物がたくさん入る」こともあげられます。

 

まずはシートしたのメットインにはヘルメットが丸ごと入るくらいのスペースがあるので、買い物や学生、サラリーマンのバッグも余裕で収納できます。

 

さらに買い物袋が多くなってしまったときも、ちょうどハンドルの下辺りにフックがあるので、袋をかける事ができます。

これによりかなりの荷物を運ぶ事ができますね。

 

ぶっちゃけ電動自転車もめっちゃ流行ってますが、荷物の入れられる量と、早さ、手軽さを考えると圧倒的に原付スクーターが上です。

原付は生活の中で幅広く活躍できる相棒

ここまでは生活に原付を取り入れるメリットを紹介しましたが、ここからはさらに具体的な使用例を紹介します。

自分にピッタリだと思ったら原付購入を検討しましょう。

高燃費で通学・通勤用にも最適

通学や通勤用にバイクを買おうと思っている人は実はめちゃくちゃ多いです。

 

毎朝の通勤ラッシュに揉まれなくてすむのはメンタル的にはでかいですからね。

 

そういう私も電車通勤が嫌で「バイク通勤」に切り替えた1人ですので説得量はあると思います。

話が脱線しそうなので続きは『5年間のバイク通勤で分かったこと|バイクで通勤のメリットやおすすめのバイクは?』こちらの記事でご確認ください。

 

さらに原付の場合、燃費がいいので通学・通勤の交通費も安く済ませられます。

 

なので、原付を導入することでより経済的にも精神的にも明るく生活できるでしょう。

主婦の買い物用の足としても使いやすい

前述しましたが、荷物を入れるスペースがかなり大きいので、買い物用としてもかなり使いやすいです。

 

それに実技講習がないように誰でもカンタンに操作ができるので、主婦にもオススメ。

 

電動自転車よりもスムーズに走れますし、走る場所が決まっていたり、ミラーで後方確認がしっかりできるので、ぶっちゃけ事故率も下がると思います。

車からすれば、自転車が一番危ない乗り物なので。

家族のちょっとした用でも使える

上記みたいに、「毎日決まった時に使う」以外でも、軽い原付はサッと乗れるのでちょっとした用事などにも使えます。

 

例えば歩くと10分くらいかかるコンビニに行く時なんて日常でもあるあるですよね。

 

車だと出すのめんどくさいし・・・って時に原付があると便利です。

まとめ:原付は日常の足に使いやすくてオススメ

原付を家族共用で購入するメリットは多く

  • 車の免許で乗れる
  • 車体は新車でも15万円
  • 維持費は年間5万円
  • 荷物スペースが大きい

つまり、子供の通学用、旦那の通勤用、奥さんの買い物用、みんなのちょっとした用事用と、幅広い使い方ができます。

 

原付免許を取得しても実技講習はないようなもんなので、交通ルールが分かっていれば簡単に運転できますし、必ず公道を走る分電動自転車よりは安全性も高いでしょう。

 

一家に一台あると便利な原付スクーターを購入してみてはどうでしょうか?

 

車種で悩んでいる人は『【もう迷わない】バイク初心者でも乗りやすい!初めての原付スクーターにオススメな5台【50cc】』こちらの記事を参考になります。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』