「本を聴く」サービスのAudible(オーディブル)が、ライダーにもオススメ!という記事です。

 

『オーディブルってなに?料金や使い方が知りたい』

『バイク乗りでもオーディブルって使えるタイミングあるの?』

 

こんな疑問を解消します。なので今回は

  • 本を聞く?「オーディブル」の概要
  • バイク×オーディブルのメリット・デメリット

この2つについて詳しく解説していこうと思います。

 

結論からいうと、ツーリングで使うのは難しいですが、キャンプツーリングとの組み合わせは最高にマッチします。

両手もふさがらないし、周りが暗くなっても音声で読み上げるのでカンケーなしです!

 

\30日間の無料体験やってます!

本を聞く「オーディブル」の概要

なんだか分からないサービスを使うのってかなり不安ですよね?

なので、まずはオーディブルのことを簡単に知っておくと『使ってみようかな』と思えます。

月額料金は1,500円

オーディブルは会員制になっており、月額1,500円がかかります。

会員になると、毎月「1コイン」がもらえ、そのコインを使うことでどんな本でも1つ購入できます。

 

ちょっと高く感じるかもしれませんが、オーディブルには「返品」というシステムがあるので返品をすればコインが戻ってくる仕様。

返品自体は最後まで本を聴いた場合でもできるようになっています。

 

つまり【本を聴く⇒返品⇒次の本を購入⇒聴く⇒返品】を繰り返せば1,500円で何冊も聴くことができるという裏技みたいな機能ですね。

ただし、返品回数には上限があるので注意しましょう(返品回数について公式の発表はありません)

オーディブルはスマホ・タブレット・パソコンで聴ける

オーディブルを聴くことができる端末は

  • スマホ(iPhone・Android)
  • タブレット(キンドルは利用不可)
  • パソコン

になっています。

一度購入した本はオーディブル会員から退会したあとでも聴くことができるので、好きな本はずっと聴けます。(返品した本は聴けません)

 

普段はスマホで聴いて、キャンプなどではタブレットを使っている人にもスムーズに取り入れられるのでおすすめですね。

今なら30日間の無料体験ができる

『オーディブルを使ってみたいけど月額料金が高いな…』と、思っている人に朗報です。

今現在、初めてオーディブルを使う人に向けて「30日間の無料体験」実施中なので、実際に使ってみて合わなかったら無料期間中に解約すればお金はかかりません。

※30日間をすぎると料金が発生するので注意!

 

少しでも興味があるなら、まずはオーディブルの無料体験を試してみてください!

>>>Audible(オーディブル)30日間の無料体験はこちらをクリック

バイク×オーディブルのメリット

さて、ここからはバイク情報ブログらしく「オーディブルがバイクに合うのか?」ということについて紹介していきます。

結論を言うと、バイク×アウトドアな趣味を持っている人は絶対に入った方がほうがお得だと思います。

 

特にキャンプとの相性は究極なのでぜひチェックしてください。

目で読まないので周りが暗くてもカンケーなし

紙の本の場合、日が落ちて辺りが暗くなると見えなくなってしまいますよね?

ライトをつけてもいいけど姿勢を変えにくかったりでめんどくさい・・・。タブレットで本を読んでいても明るすぎてなんだか目に悪そう。

 

そんな時に最適なのがオーディブルです。

 

耳で本を聴くので周りの明るさに左右されませんし、目をつぶっていても内容が分かるのでゆったりしたいときには最適です。

さらにワイヤレスイヤホンで聴けば場所問わず聴くことができるのもポイント高しです。

両手が使えるのでながら作業に最適

キャンプや釣りなどで手を使う場合、同時に本は読めませんよね?そんな問題もオーディブルなら解決できます。

ページをめくる必要がないので、一度セットしたら後は聴くだけ。

つまり、オーディブルは「ながら作業」に向いているということですね。

再生速度も変えられる

私含め、YouTube動画などの再生速度を早くしている人は多くいます。

早くすればそれだけ短時間で情報を取り入れることができるメリットがあるからです(標準速度の方が頭に残りやすいって人もいます)

 

オーディブルでも再生速度を倍速に設定することができるので、標準スピードじゃ遅いと感じる人にもオススメです。

>>>Audible(オーディブル)30日間の無料体験はこちらをクリック

バイク×オーディブルのデメリット

今度はオーディブルのデメリットを紹介します。

走行中に聞くのはリスクが高い

当然ですが走行中にオーディブルを聴くのはちょっとリスキーな気もします。

音楽よりも集中して聴かないと入ってこないので運転への集中力がおろそかになってしまう恐れがあります。

一応「周りの音が聞こえる程度」の音量なら違反にはなりにくいんですが、おすすめはしません。

本を買うより高くつく場合も

毎月1コインを1,500円払ってもらうので、「1冊=1,500円」ということになります。

本によっては高くなる場合もあるのがデメリットになります。(音声サービス代を加算すればそのくらいになるのかもしれませんが)

 

たくさんの本を残したい人には向いていません。

ただし、さきほども書いた通り「返品⇒購入⇒返品」を繰り返せば、いろいろな本を聴くことができるのでぜひ活用してみてください。

※返品した本は退会後に残りません

 

>>>Audible(オーディブル)30日間の無料体験はこちらをクリック

まとめ:使い方によってはキャンツーに最適のサービス

アマゾンが提供している「本を聴く」Audible(オーディブル)は実はバイク乗りにもピッタリのサービスです。

  • 月額1,500円で1冊購入
  • スマホ・タブレット・PCで使える
  • 返品機能で何冊か読める

ツーリングだけのライダーには向いていませんが

「バイク×キャンプ」

「バイク×釣り」

などの、アウトドアと合わせた場合はかなり使い勝手のいいサービスです。

 

今なら30日間の無料体験期間中なので、少しでも気になっている人はこのチャンスを逃さないように登録してみてください。

30日間以内の退会なら料金は一切かかりませんので、安心して体験をすることができます。