学生にも人気のデリバリーのバイトですが、時給が高いのが特徴ですよね。それにバイクが好きならストレスも少なく働きやすいでしょう。

 

『デリバリーの仕事って難しいのかな?』

『配達以外にも仕事はあるんだろうか?時間帯や給料も知りたい!』

 

こんな疑問を解決します。なので今回は

  • デリバリーの仕事内容
  • デリバリーのメリット・デメリット
  • デリバリー経験者のつぶやき

この3つを紹介します。

 

学生から副業まで幅広く人気の仕事ですし、未経験でもできるのが魅力です。

時間帯が遅くなれば時給も多くなりますので稼げるバイトです。

 

▼お得すぎる求人サイトはココ▼

デリバリースタッフの仕事内容

主な仕事内容は

  • ①商品の配達
  • ②ポスティング
  • ③掃除や洗い物

①商品の配達

デリバリースタッフのメインはやはり商品を配達することですね。

出来上がった料理を専用のボックスに入れて、お客さんの家まで届けます。そのときにお会計もするのでお金の管理も仕事になります。

 

配達地域の土地勘があれば最初から難なくこなせます。

 

たとえ道がわからなくてもスマホのナビを使って配達できるので、迷う心配も少なくなります。

②ポスティング

配達がない時は、大量のチラシをポストに入れる作業があります。1人でたんたんと配るので気楽ですが、量が多いとめんどくさいです。

昔友人が大量のチラシを持ってきた事があります・・・。

③掃除や洗い物

配達以外にも仕事は色々ありますが、その店舗によっても違います。

私が働いていた場所では洗い物・駐車場の掃除・容器の補充や在庫確認などをしていました。

 

配達業務に慣れてくると、デザートを作ったり料理を運んだりとフロアや厨房の仕事も手伝うようになることもあります。

デリバリーの勤務時間

店舗によって時間帯は変わりますが、長い所で【6:00~翌2:00】と、朝から深夜までの中でのシフト制になっております。

朝早くから遅い時間まで幅広く選べるので、本業に合わせやすいのも魅力的です。

 

ただし、稼ぎたい人が多い場合は短めの時間になってしまうこともあるので、マネージャーと相談してみるのがオススメです。

デリバリーの給料

デリバリーバイトの時給は1000円~スタートする場合が多く、22時以降は深夜料金で1.5倍近く時給があがります。

 

大きく稼ぎたいなら深夜の配達に合わせるのがいいでしょう。

学生はムリですが、サラリーマンの副業にはベストだといえます。

 

飲食など他のバイトよりも時給が高くなりやすい理由としては、バイク事故などのリスクが高いことも含まれているみたいですね。

デリバリースタッフのメリット

 

バイクに乗れる仕事なのでそれだけでメリットが大きいと思いますが、他にもいいところがあればなおバイトする気になりますよね?

なのでデリバリーのメリットを紹介します。

1人行動なのでわりと自由

配達は基本的に1人なので気楽に仕事ができます。

お客さんとの接客は0ではありませんが、1分くらいで終わります。

 

店内スタッフとの交流はありますが、忙しいときは外に出る事が多いので交流は少なくなります。

人と話すのが好きなら微妙ですが、人見知りの人にはベストなバイトです。

お店のメニューが安く食べられる

飲食店のメリットは「社員割」でお店のメニューが安く食べられることです。

もちろんデリバリースタッフも普通よりやすく食べられるので、1人暮らしの人は安く済ませられてそれだけでも大きなメリットになります。

 

特に深夜帯はおなかが空きますからね。ただし、食べすぎてバイト代がなくならないようにしましょう。

チップがもらえるかも?

あまり大きな声では言えませんが、常連のお客さんからのチップが貰える可能性も0ではありません。

私自身、飲み物やおつりをチップ代わりとしてもらった経験もあります。

 

個人的には楽しくバイトができたのがデリバリーでした。

 

\バイト探すならココがオススメ!/


デリバリースタッフの辛いところ

いいところばかりではなく、しっかりと辛いところも理解しておきましょう。

過酷な天候に忙しくなる

雨や嵐の日は特に注文が多くなりやすい傾向にあります。

雪の場合はそのときの状況に応じてデリバリー中止になることもあるので安心してください。

 

とにかく『家から出たくないな~』という日は忙しくなるので、覚悟しておきましょう。

 

店舗によっては屋根付きのバイクでの配達になり、その場合はかなり雨風をカットできるので思ったよりきつくありませんでした。

お金を預かるので責任重大

現在はネットでの注文も増え、クレジット決済できるお店も増えていますが、まだまだ現金での会計は多くあります。

 

なので一時的にもお金を預かるので、無くしてしまったりすると大問題になります。

 

そういう意味ではバイトであろうと責任は重大です。

また、清算時にお金が合わないと大捜索になるので会計の時はとくに集中しましょう。

配達先でトラブルになることも?

飲食の配達は時間との勝負になります。少しでも遅くなるとクレームを言ってくる層は必ずいますので、そうなった場合トラブルになることも考えられます。

 

特に忙しい時に注文が重なったり、道路が混んでいて遅れたときは理不尽な暴言をうける可能性もあります。

 

誰が悪いわけでもないので、そこで問題を起こさずにスルーできるメンタルがないとストレスが結構溜まるでしょう。

デリバリー経験者のつぶやき

デリバリーはこんな人にオススメ

接客業が苦手な人やスタッフとの交流も少なめを希望している人は飲食店のデリバリーはおすすめです。

 

勤務時間のほとんどが外で1人なのでかなり気持ち的には楽になります。

 

深夜帯なら時給も上がるので他のバイトと比べると「時間が合わせやすくて高時給」のバイトですね。

配達区域があまり詳しくない場所だと未知を覚えるまで大変だと思いますが、慣れてしまったらあとは考えなくてもいけるので地元ほど有利になります。

 

短い時間で楽に稼ぐなら、飲食のデリバリーはおすすめです。

早速デリバリーのバイトを探してみる!


デリバリーのバイトを探すなら『マッハバイト』が特におすすめです。

  • 3分で会員登録ができる
  • 求人案件が25万件以上
  • 採用で最大1万円がもらえる

全国のデリバリースタッフの求人情報も多くでているので間違いなく、マッハバイトで探すのがお得です。

 

>>>飲食のデリバリー募集はこちらをクリック

まとめ:高時給で気楽に仕事をするならデリバリーがおすすめ

デリバリーの概要

  • 勤務時間 3:00~翌2:00シフト制
  • 時給:1000~(22時以降は時給UP)

仕事内容

  • 商品の配達
  • ポスティング
  • 掃除や洗い物

デリバリーのメリット

  • 基本的に1人で行動
  • お店のメニューが安く食べられる
  • チップがもらえる

デリバリーのつらいところ

  • 過酷な天候で忙しい
  • お金の管理も必要
  • 配達先でのトラブル

 

飲食のデリバリーは「1人行動ができて、高時給がいい」人にオススメです。