日本人のバイク離れがすすんでおり、若い世代のライダーはわりと珍しい存在ですよね。

 

『仲の良い友達と一緒にバイクに乗りたいな~』

『バイク人口が増えればもっと楽しいんだろうな~』

 

私もこのような思いが強く、「自分の周りからでも」と日々バイクを布教しています。

結果としては無趣味の友人2人をライダーにすることが出来ました。

 

やはり仲の良い友達とのツーリングは楽しいので、これからも増やそうと思っています。

 

ぼっちも楽しいのがバイクですが、仲間がいると選択肢も増えるし行動範囲も広がるでしょう。

SNSでの交流が苦手な人も多いので、周りに布教してみてはいかがでしょうか?

 

今回はそんな『ライダー仲間を増やすため』の記事になります。もちろん自分の周りの人もそうですが、全国的にライダーを増やすにはどうしたらいいのか?ってことを話します。

スポンサードリンク

アウトドアな趣味を求めている人が多い

ゲームやインターネット利用者が増えてインドア派がかなり多くなった世の中ですが、その反動もあってか最近では「アウトドアな趣味を求めている人が多い」んですよね。

 

スポーツ観戦・キャンプ・山登り・サイクリング・カメラ・食べ歩き・・・などなど外でできる趣味が人気です。

 

もちろんバイクもアウトドアの趣味と言えるでしょう。

そして、バイクの魅力は『走るだけじゃない』ということです。

 

例えば、バイクとキャンプを同時に楽しめる「キャンプツーリング」も大人気ですし、カメラを持って色々な観光地にも行きやすいですよね。

機械が好きな人なら、カスタムやメンテナンスなど整備も楽しめます。

 

つまりアウトドア趣味に+αしやすいのがバイクの魅力ってことですね。現代ならインカムを装備すれば仲間と話しながら走れるので環境は整っています。

つまり『バイク=走るだけ』じゃない!ということをもっと伝えていけばバイクに興味をもつ人も必ず増えるでしょう。

バイクの楽しさを伝えるのにはモトブログ

とはいえバイクに乗るには免許が必要なわけで、その免許も決して安くないので『バイクに乗りたい!!』って強く思わないと中々通おうとは思いませんよね?

 

だからといって無免許で自分のバイクに乗せるわけにも行かないし(タンデムは微妙だし)

 

そんなときに「バイクに乗っている感覚」を味わえるのが『モトブログ』だと思います。

モトブログとはヘルメットにカメラ装着して、走ってる様子などを撮影した動画です。Youtubeが主流ですね。

 

ヘルメットにカメラを装着しているので、視点がバイクに乗っている時とそこまで変わらないので、なんとなく運転しているような気分に慣れます。

 

さらに魅力的なモトブロガーなら、全国各地の観光地や、バイク乗りにはたまらないコースなどを走っている動画をアップしているので、『うわ~バイクやばいな笑』と思わせてくれるでしょう。

 

ただ、モトブロガーはかなーり多くいますし、ジャンルも様々なのでバイクの魅力を伝えられるような動画を選びましょう。

スポンサードリンク

バイクの種類について教える

バイクにはたくさん種類がありますよね。ネイキッドやフルカウル、アメリカン、オフロードなどなど。

タイプによって見た目も変わりますし、好みだって変わります。

 

なので、バイクを全く知らない人に勧めるときは「どんな種類があるのか?」を教えて上げましょう。

ここではスペックとか走りに関してはどーでもよくて、シンプルに見た目だけ教えればいいです。

 

私はネイキッドに乗っているんですが、友人にバイクをすすめているときに中古屋につれて行きました。

そんで色んなバイクを見てもらい、その友人は「アメリカン」が好みだということになり、アメリカンのバイクに乗っている自分を想像して、教習所に通う事を決めたみたいです。

 

やっぱり見た目は大事なので、まずは興味を持ってもらうために、実際にバイク屋に連れて行くのがいいでしょう。

まぁ全く興味ない状態ではつれて行けないので、バイク話やモトブログなどで興味を持ってもらってからいくのがオススメ。

ネガティブなイメージを減らしていく

バイクって乗らない人からすると、めちゃくちゃネガティブなイメージが強いんですよね。

  • うるさい
  • 危ない
  • 暑そう・寒そう
  • ヘルメット嫌だ
  • モテなさそう

こんな感じであまり良い印象はありません。

 

乗っている人からすると気にならないことでも、やはり乗っていない人からすると『なんで乗ってるの?』という気持ちがあるんでしょうね。

中でも「一部のアホな連中」がイメージダウンを進めていることは間違いありません。

 

爆音マフラーで深夜に走ったり、超危険なすりぬけしたり、あとは自爆して死んだりするのもイメージダウンになりますよね。

実際痛い目に遭わないと分からないと思いますが、まずは自分とその周りに伝えて行く事が大事だと思います。

 

純粋に迷惑だと気づいてないでやってしまっている人もいるかもしれませんしね。

バイクのイメージを下げているのはほとんどがバイクに乗っている人の責任だと思います。

 

【関連記事】無趣味の友達を2人もバイク乗りにしてやった話|バイク布教活動

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』