ガソリンスタンド


バイクの燃費についての記事です。

 

『前よりも燃費が悪くなった気がするけど原因がわからない』

『最近ガソリンが高いし、燃費をよくしたい!』

 

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • バイクの燃費が悪くなる原因は?
  • 燃費を良くするメンテナンス
  • 燃費を良くする走り方

この3つを紹介します。

 

ロングツーリングの時は燃費で大きく変わりますし覚えておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク

バイクの燃費が悪くなる原因は?

燃費が悪くなる原因としては

  • パーツの消耗
  • 走り方

この2つが大きく関わってきます。

 

バイクは細かい部品の集合体なので、かならずメンテナンスが必要になります。

それを怠っていると燃費は下がりますし、バイク自体にもよろしくないのでこれまでノーメンテで乗ってきたという人は一度見直してみましょう。

 

あとは走り方でも大きく変わるので、それらも解説していきます。

スポンサードリンク

バイクの燃費を良くするメンテナンス

バイクのメンテナンスはとても重要で、ここで紹介するのは自分でもできるようなものばかりです。

もちろんムリ!めんどくさい!と思ったらプロに任せてもOKです。

タイヤの空気圧チェック

直接地面に触れているタイヤは空気圧によって燃費に大きく関わります。

特に長い間タイヤの空気圧をチェックしてないと、だんだん空気が抜けていきますので注意しましょう。

 

タイヤの空気圧が低いと地面との摩擦が増えてしまい、燃費が悪くなります。

なので、月に1度はガソリン給油のときにでも空気を入れなおしてあげましょう。

 

もし近くのスタンドに空気入れが無かったり、いつも混雑している場合は、空気入れを買ってもいいと思います。

そこまで高くないので頻繁に空気圧チェックをする人はもっていると役立ちます。

タイヤの空気圧については『バイクタイヤの空気圧を適正にする理由とは?|調べ方やメリットも紹介』こちらの記事も参考になりますので、チェックしてみてください。

チェーンメンテナンス

チェーンも燃費に大きく関係する部品であり、定期的なメンテナンスが必要な部分ですが・・・

『チェーンのメンテなんてしたことない』

っていう人もそこそこいます。

 

チェーンメンテナンスには2つあり

  • ①チェーンの張り調整
  • ②チェーンの洗浄・注油

①チェーンの張り調整は1000km~2000kmごとにチェーンの張り具合を確認して、たるみを調整します。

緩すぎても張りすぎてもダメなので、シッカリと適正値にあわせましょう。よく分からなかったら点検ついでにお店でやってもらいましょう。

 

②チェーンの洗浄・注油は500km~1000kmごとにやるといいでしょう。

慣れてしまえばそんなに時間もかからないのでサッとできるメンテナンスです。

スポンサードリンク

プラグ交換

プラグは火花を散らして、ガソリンと酸素の混合気を爆発させる役割があります。

メーカーでは3000km毎に交換と推奨されており、劣化した状態では火花をちゃんと飛ばせなくなってしまうので、結果的に燃費悪化になってしまいます。

エアフィルター交換

空気中から吸入されたゴミなどを取り除くエアフィルターですが、長く使っていると汚れが溜まります。

その目詰まりした状態では、上手く空気を取り込むことができなくなり、燃費が悪くなってしまうデメリットがあります。

 

定期的に清掃するか、15000kmほど使って汚れが落ちないようなら交換しましょう。

エンジンオイルの交換

エンジンオイルはエンジン内部の金属粉などを取り除く役割もあり、使い続けてるとどんどん汚れていき、ちゃんとした機能が働かなくなります。

なので、定期的に交換は必須です。大体3000kmか3ヶ月ほどが目安です。

 

その他にもエンジンオイルの種類で燃費が変わります。ですが、いいオイルを使うよりもしっかりと交換をしたほうがバイクにとっても燃費性能にとってもいいので、まずはそこから。

バイクの燃費を良くする走り方

メンテナンス以外では「走り方」によって燃費が大きく変わります。

「急」が付く走り方はやめる

急発進・急ブレーキなどは必要以上にアクセルを開けてしまうのでエンジンにも余計な負荷が掛かります。

特に発進・加速は最もガソリンを消費する動作なので、アクセルワークはとても重要。

 

そして、多くブレーキを踏むことで、ムダにアクセルをかける回数も増えるので、アクセルワークとブレーキングを見直せば燃費向上に繋がります。

適正のギアで走る

バイクのギアにはそれぞれ適正の速度と回転数があり、ムダに引っ張る運転は燃費が悪くなる原因にもなります。

できるだけ回転数を減らすためにも適正なギアにチェンジする必要があります。

 

もちろん燃費向上を意識し過ぎるのもよくないですが、結果的に適正ギアにあわせることでバイクにとってもいいので、徐々に慣れていきましょう。

荷物を減らそう

重くなると当然、同じ距離を同じスピードで走るためにはパワーが余計に必要になります。

なので荷物はできるだけ減らせば燃費は良くなります。

 

パーツの軽量化も有効ですが、マフラーの場合、重量は軽くなりますが、性能的に燃費が悪くなることもあります。

まとめ:メンテと走りを見直して燃費向上をめざそう

バイクの燃費を良くするメンテナンス

  • タイヤの空気圧チェック
  • チェーンメンテナンス
  • プラグ交換
  • エアフィルター交換
  • エンジンオイルの交換

ここでのメンテナンスは割りと初心者でもできますが、不安ならバイクショップでやってもらいましょう。

 

バイクの燃費を良くする走り方

  • 急発進・急ブレーキはやめる
  • 適正のギア・回転数で走る
  • 荷物を減らして軽くしよう

 

ここまで話しておいてですが、あまり燃費を気にしすぎても疲れますので適度が大事です。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』