『極寒の冬にバイクに乗ると完全防備してても寒い。しかしツーリングは行きたい・・・。』

そんなときの役立つ暖グッズを紹介します。多分持ってる人はあまりいないんじゃないでしょうか?

ぬくさに首ったけ

という電熱ヒーター付の商品でして、今回はベストを紹介しますが、ほかにもブルゾンやパンツ、靴下などもあります。

 

なので今回はぬくさに首ったけの特徴やレビューを紹介します。

コレを着れば真冬のツーリングも快適にすごせます。


ぬくさに首ったけの特徴は?

ざっくりと特徴をいうと「熱ですぐ暖まる軽いジャケット」です。

最大の特徴でもある「電熱ヒーター」は、専用のバッテリー(コードレス)を内ポケット内にて接続し、電気で熱を発生される仕組みです。

とにかく邪魔にならずに使えることが、ぬくさに首ったけの強みですので、バイクに乗る時にもかなり重宝しますよね。ちなみに重ね着を想定してるので、今回はベストを紹介します。

さらに細かく特徴を解説します。

10秒程で暖かくなるスピード感

ぬくさに首ったけベストは、首の後ろ・背中・腰という冷えやすい3つの部分に「マイクロカーボンファイバー」の素材を使っています。

このマイクロカーボンファイバーは熱伝導が非常に早い素材で、電熱ヒーターの効果を高めてくれます。

電熱スイッチを押して10秒ほどで暖かくなり、冷えやすい部分をしっかりと保温してくれます。

 

かなり相性が良いんですが、この「ぬくさに首ったけ」が業界で初めて電熱ヒーターベストにマイクロカーボンファイバーを採用したとのことで、安心感がありますよね。

軽くて重ね着がしやすい

ぬくさに首ったけは、『バッテリーを接続したり、機能的だから重そう・・・』と思っていませんか?

実はかなり薄く、そしてかなり軽いんです。

なのでゴワゴワせず、重ね着がしやすいのもバイクのりにとっては重要項目ですよね。さらに伸縮性もあるので動きやすく、バイクはもちろんアウトドアにも使いやすいベストになっています。



温度調節で幅広く使える

左胸部分にスイッチがあり、かんたんに3段階の温度切り替えができます。オフにしたい場合はボタンを長押しします。

設定温度と連続使用時間の目安は

  • 青=弱(約7時間)
  • 白=中(約4.5時間)
  • 赤=強(約3時間)
  • 消灯=オフ

と、色で別れており、使用時間も差がありますので、注意しましょう。

コードレスなので邪魔にならない

ぬくさに首ったけの電気は、充電式のバッテリーを接続することで稼動しますので、バイクから電源を取る必要がありません。

グリップヒーターはUSB電源、もしくはウインカー等から電源を使用しますが、その場合はコードが邪魔になる可能性もあります。

 

バッテリーは充電式なので、繰り返し使えますし、ベストの内ポケットに収納することができるので、引っかかったり邪魔になることもありませんね。

バイクだとコードが絡まることで事故の可能性も出てきますので、安全面も考えられています。

>>>ぬくさに首ったけ購入はこちらをクリック

ぬくさに首ったけのイマイチな点

利点もかなり紹介しましたが、イマイチに感じた点も紹介します。

機能は最高なので、持っていたら間違いなく嬉しいんですが、買うのに悩む人が多いんじゃないかな?という印象でして

  • 値段
  • めんどくさい

この2つがネックなんですよね・・・。

値段が微妙に高い

商品を選ぶ上で重要なのが「お値段」ですよね。ベストの場合は14,800円(税抜)となっています。

使っている素材や、機能面で考えるとかなりお得ではあるんですが、個人的に1,5万円は即決できる金額じゃないです笑

 

ちなみにバッテリーや、充電用のアダプターもセットでの値段なので、実質ベスト自体の値段は8,500円程です。

バッテリー充電がめんどくさい

バッテリーの充電は2,5時間でフルになります。意外と早くフルになりますが、毎日と考えると絶妙にめんどくさいです。

まず充電をし忘れが多くあり、ただのベストとして使用するには若干心配な保温力。

今の時代スマホやなんやらでコンセントのあまりが少ない家も多いんじゃないでしょうか?そうなると新しく固定で使うコンセント増やすのも手間になります。

 

まぁ充電自体はすぐ満タンになるので、ツーリング当日でも3時間もあれば間に合いますので、このデメリットは人によりますね。



ぬくさに首ったけの評判は?

私は、毎日原付バイクで地元の駅まで乗って行き、その後電車に乗って会社まで通勤しています。冬のバイクはとても寒く、たくさん着込んで乗ると、その後の満員電車の中では、逆に暑くてたまりません。

バイク雑誌で「ぬくさに首ったけ」を知り、早速購入しました。軽くて体にフィットするから、あまり寒くない時は、シャツの上からベストだけ着ています。また寒い時には、その上からジャケットを着るだけで、とても暖かくて快適です。すぐに温まるので、出かける直前に着るだけでOK!
温度調節や電源を切ることもできるので、バイクを降りて電車に乗る時はオフに!電車を降りて、外を歩く時には弱に!オフィスで仕事をする時は、オフにしたりオンにしたりと、便利に使えるので、冬の間はいつも着ています。
手袋もあったので、後で購入しました。バイクに乗る時は、ベストと手袋でとても暖かいので助かっています。

初めは本当に暖かいのか半信半疑でしたが、思った以上に暖かいです
ベストの生地がボリュームあるのかバッテリーが切れてもベストだけで使えます。
後日、知り合いにあげた為、他社のヒーターベストを購入しましたが、「ぬくさに首ったけ」のほうが性能は良かったです。

バイク乗りはもちろん、アウトドアや暖房器具の無い部屋での作業をする人にも使って欲しい商品です。

サイズや機能は写真の通りで、サイズによってスイッチのカラーリングが変わります。

また、ベスト意外にも長袖やパンツなど種類も様々なのでウェブページをご覧ください。

\商品ページは画像をクリック/

まとめ:バイク乗りは「首」を冷やしてはいけない!

バイクに乗る時は3つの首である「首・手首・足首」が冷えることで体温が下がりますので、しっかりガードすることが大切です。

特に皮膚が薄く体温にも影響が出やすいのが、「首」なので、今回紹介した「ぬくさに首ったけ」という電熱ヒーター付のベストがおすすめです。

 

ぬくさに首たけは「首の後ろ・背中・腰」の冷えやすい部分がマイクロカーボンファイバー素材を使用しており、熱伝導がめちゃくちゃ早く、スイッチオンから10秒ほどで暖まります。

さらにベスト自体が薄く、軽いので、ストレス無く重ね着もできます。

バッテリーの充電が少しめんどうですが、コードレスなので引っかかっり邪魔にもならないので安全性も確保されていますね。

 

冬の寒さでツーリングをパスすることもあるんじゃないですか?

この、ぬくさに首ったけを着れば真冬のツーリングも快適に乗り切れますので、寒さに弱い人は是非活用してください!

>>>ぬくさに首ったけ購入はこちらをクリック

 

それでもまだ寒い人は防寒着を見直してみる必要があります『【保存版】ちょー寒い冬を乗り切る|バイク乗りの完全防寒対策』をチェックしてください。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』