タイヤの寿命は3年が目安


『バイクタイヤの寿命ってどこを基準に判断すればいいの?』

『結構長くタイヤ替えていないけど、ふつうは何年くらいもつの?』

 

このような悩みを解決します。なので今回は

  • バイク用タイヤの寿命はいつなのか?
  • 寿命かどうか見極める方法は?
  • タイヤを長持ちさせる方法

この3つを紹介します。

タイヤは走るうえでとても重要なパーツなのに、意外と後回しにされがちですよね(私だけ?)

 

特に学生であまりお金がないときなんかはギリギリまで先延ばしにしていました。

ですが命にも関わる重要なことなので特にバイク初心者の人には知っておいてほしい内容です。

スポンサードリンク

バイク用タイヤの寿命はいつなのか?

寿命が過ぎて破裂したタイヤ

タイヤの寿命には大きく

  • 耐用年数
  • 走行距離

この2つに分けられます。まずは「バイクの寿命はどのくらいの期間なのか」を覚えておきましょう。

タイヤの耐用年数

一般的にタイヤの耐用年数は「3年と言われています。

これはほぼ使っていない状態での数字になります。そもそもタイヤ自体はゴムでできているので、空気や紫外線により、何もしていなくても劣化が進みます。

バイクに長年乗っていると、ゴムの部品が硬化してボロボロ剥がれてきますよね?

それと同じでタイヤもゴムでできているので長い期間使っていると、どんどん硬くなってきます。

 

つまり、あまりバイクに乗らない環境でも、最低3年ごとにはタイヤ交換をしましょう。ということです。

走行によるタイヤの寿命

バイクと一口にいっても、乗り方は様々ですよね?

  • 通勤など短い距離を細かく走る人
  • 長い距離のツーリングに行く人
  • レースなどスポーツ走行

使い方によってもタイヤの種類や、減るスピードが変わってきます。

 

通勤などの短い距離を細かく走る人の場合は、タイヤへの負荷も少なく直線を走る事が多くなると思います。

その場合は1万キロ~1.5万キロ辺りが目安になります。

また、長い距離のツーリングにたまーに行かれる人も、同じく寿命は1万~になります。よく走るコースにもよりますが、多少カーブがある道の方が、タイヤの側面も同じくらい磨り減るので、若干寿命が延びます。

 

レースや峠などのスポーツ走行では、そもそも一般的なタイヤよりもグリップ力の強いタイヤ(ハイグリップタイヤ)を履きます。

ハイグリップの場合は5000キロ辺りが寿命になります。(タイヤの種類や走り方にもよりますが)

 

ということで、バイクの乗り方によってもタイヤの寿命は大きく変わります。

寿命かどうか見極める方法は?

タイヤの寿命を見極める方法

耐用年数や走行距離でのタイヤの寿命は大体分かりましたが「3年ジャストや走行距離ジャストでタイヤがダメになるわけではない」ので、「寿命かどうか見極める方法」をいくつか紹介します。

タイヤの製造年月を見る

タイヤの製造年

タイヤの側面に文字が書いてあるのは知っていますか?多分ほとんどの人がちゃんとみないと思いますが。

タイヤの側面には「タイヤの製造年月」が書いてあります。なので、ここを読み取ることができれば「このタイヤがいつ作られたのか」がわかります。

 

一般的な耐用年数の「3年」にどのくらい近いのかを確認しておきましょう。

スリップサインは出ていないか?

スリップサインを見る

タイヤには△マークがあり、それを辿ってタイヤ正面を見るとスリップサインがあります。

スリップサインとは正常なタイヤの場合、溝の奥に引っ込んでいるものですが、磨り減ったことにより表面に出てきたら「交換時期」を知らせてくれる役目があります。

溝がなくなるとグリップ力はもちろん、雨の日の走行で排水する機能が失われてしまうので、滑りやすくなってしまいます。

 

250cc以上になると車検がありますが、溝が浅いと車検に通らなくなります。

0.8mm以下だと通りませんので、心配な人は車検前に「デプスゲージ」というタイヤの溝の測定器をつかうといいでしょう。

デジタルで計れますし、値段も1,000円以下で買えるのでおすすめです。

パンク修理はしているか?

今使っているタイヤでパンクを経験していた場合は交換をおすすめします。

というのも、タイヤの修理はあくまで「応急処置」の範囲になるので、使い続けるのはちょっと危険です。

早めに交換したほうがいいでしょう。

走行時の違和感を感じるか?

バイクに長く乗っていると、変化に気が付くことも多いんじゃないでしょうか?

タイヤが劣化してくると、操作性や走行時のグリップに違いが出てくるので少しでも「ん?なんかおかしいな」と思ったら、タイヤの年数や走行距離を確認してみましょう。

もしかしたらパンクしている可能性もあります。

タイヤの劣化でヒビ割れ・変形はないか?

対が劣化すると起きる症状としては

  • ヒビ割れ
  • 形の歪み・変形

などが上げられる。ある程度年月が経てば薄いひび割れはよくあることだけど、ツメでなぞれるくらいのヒビ割れは、交換を考えましょう。

急にパンクする可能性もあるので、ヒビや変形していないかは、定期的に確認するようにしましょう。

もちろん「やばそう」と思ったら交換するのが安心です。

タイヤを長持ちさせる方法

タイヤの交換は結構日用がかかるので、少しでも長く持たせたいですよね?

 

メンテナンスとして意外とできていない人が多いのが「タイヤの空気圧」を入れることです。

ガソリンスタンドでもできるので、必ずやりましょう。適正空気圧についてはチェーンガード周辺に記載されていることが多いので、チェックしましょう。

 

1ヶ月に1度は空気を適正にすることが望ましいです。

さらに具体的に知りたい人は『バイクタイヤの空気圧を適正にする理由とは?|調べ方やメリットも紹介』の記事も一緒にどうぞ。

 

タイヤに使えるケミカルみたいなのは少なく、空気や紫外線での劣化から守ることは難しいです。

タイヤは消耗品なので、普通に使って普通に交換するのがいいでしょう。

まとめ:タイヤの寿命を把握して適切なタイミングで交換しよう

バイクのタイヤの寿命は

  • 3年の耐用年数
  • 走行距離

によって分けられる。

使い方にもよるが、通学通勤、軽いツーリングなどでの仕様は「1万~1.5万キロ」が目安。

スポーツ走行なら、タイヤ自体の寿命も短いので「5,000キロ」くらいが目安。

 

いつ作られたタイヤなのか?溝はどのくらいなのか?を基準にタイヤの交換時期を見極めることが大切。

少しでも長持ちさせるコツは「定期的に適正な空気圧にする」こと位なので、月1で空気をいれるようにしよう。

 

タイヤ交換については『バイクのタイヤ交換料金はいくらぐらい?工賃や費用相場などを紹介』をチェックしてください。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』