【冬眠】長期間乗らない時のバイク保管方法はちゃんとできてる?

バイクも冬眠が必要?

雪が降る地域は冬の間バイクに乗れないこともあり、バイクの冬眠シーズンとなります。

しかし、適当にバイクを冬眠させると、春になり「さぁバイクに乗ろう!」と、思った時に

バイクメン

なんか冬眠明けからバイクの調子が悪くなった

という悲劇も起こりえます。

なので今回は「バイクを長期保管するための準備」について紹介します。

目次

バイクを長期保管するための準備

バイクを冬眠させる方法

1ヶ月程度なら、バッテリーを外すか外さないか程度なので問題ありません。

しかし半年ほど動かす予定がないなら、これから紹介する準備を全て行ってから冬眠させるとバイクの調子にも影響すると考えられます。

ガソリンは満タンor全抜き

ガソリンは満タンにするか空にする

温度差により、ガソリンタンク内に結露が出来てしまい、錆の原因になってしまいますのでガソリンを満タンにしておく事で空気を触れさせないようにすることができます。

バイクメン

冬は特に昼と夜とで気温差には注意!

1年以上動かす予定が無いならガソリンは完全に抜き、オイルスプレーを散布したほうがいいでしょう。

ガソリンを抜くときは専用の携行缶を用意するか、ガソリンスタンドにて抜いてもらいましょう。ペットボトルやバケツでは、事故の危険もありますので絶対にやめましょう。

【キャブのみ】燃料コックOFFにする

燃料コックはオフにする

キャブ車に乗っているなら、キャブ内のガソリンも全て抜き燃料コックをOFFにしましょう。

もし乗っているバイクにOFFがなければ、エンジン停止時はガソリンが流れない「負圧式コック」なので、そのままでOKです。

ライダーA

Fi車はそのままでOK

タイヤ空気圧を満タンにする

タイヤの空気圧は満タンにする

空気が入っていない状態で長期間動かさないと、タイヤの一ヶ所に負荷がかかり最悪の場合タイヤが変形するおそれもあります。

できるだけその可能性をさげるためにも「タイヤの空気圧」をしっかりと入れておきましょう。

ほとんどのガソリンスタンドに空気入れがありますので、セルフ・もしくは店員さんに聞いてみましょう。

錆ないように汚れを落とす

洗車と防錆材をスプレーする

バイクが汚れたままだと、落ちにくくなったり、錆の原因にもなりますので必ず洗車をしたあと「オイルスプレー」などを散布してバイクを錆から守りましょう。

センタースタンド・メンテスタンドで立てる

メインスタンドでたてる

タイヤの項目でも解説した通り、一定の場所に負荷がかかるとタイヤにもよくないので、できるだけサイドスタンドではなく「センタースタンド」で立てましょう。

『センタースタンドなんてついてない』というバイクは、メンテナンススタンドはどうでしょうか?

タイヤを浮かせる事ができるので、負荷もかかりませんし、チェーンなどのメンテナンスでも活躍します。

ただし前後揃える必要があり、予算的に難しいと言う人は、タイヤにしっかりと空気を入れてサイドスタンドでの保管をしましょう。

バッテリーを外す

バッテリーは外す

バッテリーは端子が接続されていると使って無くても放電されてしまうので、1ヶ月以上放置する場合には、外しましょう。

冬場は特にバッテリー上がりしやすいので、春になってバイクを動かそうとしたとき『あれ?エンジンがかからない?!』となる可能性が高いです。

最後にバイクカバーを掛ける

バイクカバーをかける

以上の項目全て完了したら、最後はバイクカバーをかけて、冬眠させましょう。

バイクカバーをかけないと、日差しや雨風などにさらされてしまい、数ヶ月後には「ボロボロでサビサビ」になってしまう可能性が非常に高いです。

さらに錆や汚れはパーツの固着や故障にもつながりますので、確実にバイクの寿命は縮みます。

まとめ:冬眠の準備はちゃんとしよう

雪が降る地域などでは、半年以上バイクに乗らない時は必ず「冬眠の準備」をしましょう。

  1. ガソリンは満タンor全抜き
  2. 燃料コックOFF(キャブ車のみ)
  3. タイヤ空気圧を満タンにする
  4. 洗車で汚れをおとす
  5. センター・メンテスタンドで立てる
  6. バッテリーを外す
  7. バイクカバーをかける

以上です。

1ヶ月など短い期間であればバッテリーを外してカバー掛けておく程度でも大丈夫です。

愛車を長く乗るためにも、冬眠前のメンテナンスはかかさずに行いましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる