GSX-R125に乗っている人向けの記事です。

 

『GSX-R125って盗まれやすいのかな?』

『盗まれにくくする方法は?盗難保険って本当に便利なの?』

 

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • 人気のスポーツ125ccは盗まれやすい?
  • GSX-R125の盗難対策とは?
  • 低価格なプランでも「盗難保険」に加入するべし

この3つを紹介します。

特に小排気量のスポーツバイクはかなり人気がありますので、圧倒的に盗まれやすいといえます。

先に言っておきますが「ずっとライドの盗難保険はライダー全員が入っておくべき保険なのでしっかりと内容を確認して検討してください。

 

毎月たったの1,058円から入れる盗難保険は>>>ずっとライドクラブの盗難保険!

人気のスポーツ125ccは盗まれやすい?

盗難されやすいバイクの特徴として「人気のバイク」というのがポイントになります。

特に海外でも人気なのが日本のSSタイプのバイクですので、正直バンバン盗まれているんですよね…。

 

基本的にはプロの窃盗犯は大型バイクを狙うことが多いんですが、需要があるなら排気量問わず狙いますので125ccのバイクだからと言って油断はできません。

 

特に125ccクラスのスポーツタイプではGSX-R125の人気が高いので、特に狙われやすいと感じます。

車体ごともっていかれるのはもちろんですが、プロじゃなかったとしてもパーツが盗まれたりする報告もでています。

 

『お金がないから盗難対策はあとまわしでいいや~』と言いたくなる気持ちはわかります。

が、バイクの場合、車と違って盗難されたらほとんど戻ってこないというデータが出ているんですよ(検挙率が15.2%)

つまりバイクは盗まれたら泣き寝入りでお金も戻ってこないで終了~というわけですね。

 

私自身も20歳の時にビックスクーターを盗まれた経験がありますが、正直警察に盗難届だしても何も解決しませんからね笑

実際に届けだした日から7年ほど経っていますが連絡すらないまま放置されています。

なので愛車を守れるのは自分しかいません。

 

ここで紹介する対策と、保険をしっかり覚えておきましょう。

GSX-R125の盗難対策とは?

まずはバイクを盗難から守るための「盗難対策グッズ」を紹介します。

ガチのプロ窃盗犯に狙われた場合はほとんど意味がなくなるんですが、少しでも対策をしているだけで数十倍も盗難被害に遭うリスクは下げられます。

 

なので最低限の盗難対策として導入したほうがいいと思います。

バイクカバー+U字

盗難対策でとても有効なのが「人目につかないようにする」ことと、「盗むのに手間がかかると思わせる」ことです。

バイクカバーをかけていれば目につきにくいというのもありますし、カバーを外す作業に手間がかかるので盗難率を下げることができます。

 

それにプラスしてU字のロックをカバーの上からつけることでさらに効果UP!

ほとんどの場合はこのコンボで盗難対策となるでしょう。

 

ただし、相手が本気で盗みに来てる場合はちょっとガードが緩い気もしますね…。

あくまでいたずら防止+軽い窃盗犯対策としては有効ですので最低限このくらいはしておきたいです。

ワイヤーロック

タイヤにつけるワイヤーロックはポピュラーな盗難対策ですよね。自転車とかでもよくみるタイプのあれです。

鍵で外れるタイプなので、毎日乗るひとでもラクに外せますし、つける時もワンタッチでOKなので手間いらず。

 

そのわりにはしっかりとしたカッターでないと外せない頑丈さがあるので、まず用意したい対策グッズですね。

 

ただし、あくまで「盗難対策してますよ~」と見せる意味が強いので、本気でロックするなら数万円の高いワイヤーロックを装備しておきましょう。

低価格なプランでも「盗難保険」に加入するべし

残念ながらバイクカバーやチェーンを取り付けたところでイタズラや盗難がなくなることはありません。

実際に私もチェーンとカバーをしていたにも関わらず盗まれた経験があります。

 

そこで超オススメしたいのが「バイク盗難保険」です。

まず「バイク盗難保険の公式サイト」にて乗っているバイクの年式をいれると、「バイクの価値(相場)」が出るのでその価値に合わせた保険を選ぶことで、バイクが盗まれたときにその金額が保証されます。

 

つまり盗難保険に入っていれば、盗まれても新しく買いなおせる可能性が高いということですね。

 

でも保険ってなんか高そうだな・・・』と思う人も多いですが、実際は全然高くないんですよ!

実際に最新のGSX-R125で査定をしました

  • メーカー:SUZUKI
  • 排気量 :125cc
  • 車種  :GSX-R125
  • 年式  :2019年
  • 査定額 :350,000円

という結果になりました。

 

おすすめの盗難保険プランは「盗難30」「盗難40」になります。

  • 盗難30:年12,700円(月1,058円)
  • 盗難40:年15,900円(月1,325円)

つまり1日あたり「約35円」で盗難保険に加入することができるのです!うまい棒3本くらいの激安価格です!

 

しかも今回の査定は「最新のGSX-R125」での査定結果になるので、型式が古かったりするとさらに安く加入することができます。

ここで紹介したのオススメプランなので、「このくらい返ってくればいいかな?」と補償額をさげればもっとやすくなります!

 

盗難に遭ってからでは手遅れになってしまいますので、バイクを愛してるライダー全員に入ってほしい保険です。

 

盗難保険の申し込みはこちら

ずっとライドクラブの申し込み方法

盗難保険の申し込みは簡単でして、家からでもすぐに申し込むことができます。

ここで必要書類や手続きの流れなどを紹介するので、参考にしてください。

ずっとライドクラブのページで「見積もり」出す

まずはずっとライドのページに飛び、「見積もり」のボタンを押して今乗っているバイクの年式などを入力していきます。

年式やグレードがたくさん出てくるので、もし自分のバイクがどれに当てはまるのか分からないときは車台番号(フレームナンバー)から調べられる場合があるので

ずっとライドクラブ お問い合わせ

0120-819-549(10:00-19:00 年末年始除く)

コチラに連絡してください。

車両の登録証をスマホで撮影する

見積もりが出ましたら盗難保険に登録するバイクの登録証をスマホやデジカメで撮影し、画像ファイルを送信します。

排気量によって送る登録証が変わり

  • 125cc以下:標識交付証明書
  • 250cc以下:軽自動車届出済証
  • 251cc以上:車検証

このようになります。必ず全体が読み取れるように撮影をしましょう。

また、本人名義での登録が必須になりますので、代理での申し込みはできません。

その後支払い(クレジットカード・コンビニ決済・銀行振込の3種類)を済ませたら無事に申し込みが完了します。

かなりカンタンにできますのでできるだけ早めに登録することを強くオススメします。

まとめ:盗難対策よりも盗難保険がコスパ高いかも

人気のスポーツ125ccバイクのGSX-R125は、その人気から盗難の標的にされてしまいがちです。

バイクが盗難された時に戻ってくる確率は15%ほどとめちゃくちゃ低く、ほぼ泣き寝入り状態になってしまいます…。

なのでバイクが好きならばしっかりと盗難対策も考えておきましょう。

 

盗難防止グッズ

  • バイクカバー+U字ロック
  • ワイヤーチェーン

ただし、対策グッズは盗まれにくくするだけなので、プロの犯行には勝てません。

なので万が一を考えると「バイクの盗難保険」がおすすめです。

 

GSX-R125なら毎月1,041円の保険で30万円が戻ってきますので、高い盗難グッズを買うよりももしかしたらお得になるかもしれませんね。

ツーリングによく行く人ならさらにお得な特典もありますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

バイク盗難保険サービスは>>>ずっとライドクラブ