『友達にバイクを貸してほしいと言われたけどトラブルにならないようにするには?』

『もし事故を起こした時の責任はどうなるんだろう?』

 

こんな悩みを解決します。なのでこの記事では

  • 基本的には貸さない方がいい
  • バイクを貸すときに気を付けること
  • 貸したバイクで事故を起こしたときの責任は誰にある?

この3つを紹介します。

私自身も友人にバイクを貸してコケられた経験もあるので、基本的には「バイクを人に貸すのはあんまりオススメしない」というのが個人的な考えです。

 

なので、どうしても友人が困っているなら「レンタルバイク」を紹介してあげるのがいいでしょう。

スポンサードリンク

基本的には貸さない方がいい

結論になりますが「できればバイクは貸さない方がいい」と思ってます。

なぜなら貸すほうにメリットが一切ないからでして、反対にデメリットは

    • ぶつけたりキズを付けられるかも
    • 事故を起こしたらめんどう
    • タイヤなど消耗品の消耗

などなど良い所がひとつもありません。

 

もし貸すならレンタルと同じく時間で貸すのがいいと思います。

まぁ、一緒にツーリングしてて「次の目的地までバイク交換してみよう」くらいの短時間なら問題はないと思いますが・・・。

 

ちなみに私も18歳の時にバイクを貸したら立ちこけされました(しかも後から別の友人に教えてもらった)

なので、バイクを貸すのにメリットはなく、最悪仲が悪くなる可能性すらあります。

バイクを貸すときに気を付けること

仲のいい友達でもバイクを貸すときには必ず気を付けておきたいことを紹介します。

もし「バイクにキズをつけても転んでもいい」というなら話は別ですが、大切に思うならば最低限チェックしておきましょう。

キズなどの確認

レンタカーでもそうですが、乗車前のキズのチェックは必要ですよね?

もし戻ってきたときに自分の知らない傷があっても、はじめに確認しておかないとどっちが付けたキズかわからなくなってしまいます。

 

そうなると『お前、キズつけただろ?』『ぶつけてないよ』などとトラブルの元になります。

なので、貸し出す前には必ずバイク全体のキズなどのチェックをしておきましょう。

 

写真を撮っておくとさらに証拠になりますのでおすすめ。

保険の確認

後でも詳しく書きますが、今現在入っている保険の適用年齢を確認しましょう。

後輩や先輩など、歳が離れていると保険適用外になる可能性があり、事故を起こしたときにかなーりめんどくさいことになります。

 

なので、任意保険の確認は絶対必要です。

 

そもそもバイク乗りの保険加入率の低さもあるので、そういう意味でも他人に貸すのはオススメできません。

相手が免許を持っているか?

ありえないとは思いますが貸してほしいと言っている人がちゃんと免許もってるか確認はしておきましょう。

もし無免許の人に貸して事故を起こしたりで捕まったりでバレたら「貸したほうにも処罰がある」ということを覚えておきましょう。

 

共犯という扱いになりますし、実質バイクでの交通違反ではないので点数は引かれません。

ですが無免許運転をしていた物と同等の処罰を受けるので、免許取り消しは免れないでしょう。

 

さらに無免許の場合は任意保険は使えなくなることが多いので、もし事故を起こしたら人生終了の可能性もかなり大きいでしょう。

必ず免許証の確認はしておきましょう。

スポンサードリンク

貸したバイクで事故を起こしたときの責任は誰にある?

 

バイクを貸し、事故を起こした場合はいったい「貸した人」「借りた人」どちらに責任があるんだろうか?

 

答えとしては、事故を起こした人が責任を取ることになるんですが、運行併用者責任という「事故を起こしたバイクの所有者にも損害賠償が請求できる」法律があるので、完全に借りた人間だけの問題にはなりません。

自賠責保険は確実に使える

強制保険である自賠責保険は、どのバイクにも必ずついています(期限切れはアウトです)

なので借りてるバイクでも自賠責保険を使う事ができます。

 

ただし、対人補償のみとなっており相手が死亡した場合も3,000万円しか補償されず、ハミでた分は任意保険・または自腹での支払いになります。

任意保険は所有者のを使うしかない

任意保険の場合は、まず加入している保険が「本人限定」でないことを確認してからになります。

保険商品によっては他社が運転して事故を起こした場合保険が降りないこともありえますので注意が必要。

 

また、もし保険が使えたとしても貸し手であるバイクの所有者の保険を使う事により、等級が下がり保険料が高くなるデメリットもあります。

スポンサードリンク

まとめ:リスクしかないので人に貸すのはやめたほうがいい

ここまで紹介した通り「貸すほうにメリットはない」ので、いくら仲が良くてもバイクを貸すのは辞めておきましょう。

もし事故を起こした場合はあなたの保険から支払われることになるでしょう。

そしたら等級が下がり保険料が高くなります。

 

どうしても必要ならレンタルバイクを紹介してあげましょう。。

それで仲が悪くなるならその程度の友情だったということで・・・笑

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』