バイクを整備してるとめちゃくちゃ固く締まったボルトに遭遇することありますよね?

 

『なんでこんなにボルトが固くなってるんだ?』

『固く締まったボルトをカンタンに外す方法はないのかな?』

 

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • ボルトが外れない原因
  • 固いボルトの外し方

この2つを紹介します。

間違った方法で外そうとすると、ボルト本体が歪んだり、もっと外れにくくなりますので注意しましょう。そうなるとバイクにもダメージが入るので、力任せに外そうとするのはストップです。

スポンサードリンク

ボルトが外れない原因

錆びて固いボルト

まずはボルトが外れない原因ですが、これは

  • 錆びて固着している
  • ボルトの頭がナメて工具がハマらない
  • ボルトのねじ山が潰れている

というのが大きな原因です。

 

ボルトも金属でできているので、時間の経過と共に腐食が進み徐々に錆びてきます。さらにバイクはむき出しになるので、湿気などの影響も受けやすくなります。

腐食した状態で、間違った工具の使い方をすると、ボルトの頭が歪み、適正な工具を使ってもしっかりとハマらなくなります。

 

つまり、ボルトが外れなくなる原因としては、「劣化によってボルトが錆び、固着してしまっている。さらにその状態で力任せに外そうとする」ことにより、さらに外れにくくなります。

それでは次は実際にボルトの外し方を紹介します。

固いボルト・ナットを外す方法

固いボルトを外すにはメガネレンチを使う

メガネレンチを正しく使う

あなたはボルトを外す時に何の工具を使っていますか?

スパナ?モンキーレンチ?

固着して固くなったボルトを外すなら「メガネレンチ」を使いましょう。

スパナやモンキーなどでは、全体を掴むことができず、腐食状態によってはボルトの頭を変形させてしまう恐れがあります。

なので、ガッチリと頭を囲めるメガネレンチを使うようにしましょう。

 

バイクでは奥まったボルトを外す場合もありますので、できるだけ長めのメガネレンチを持っておくといいでしょう。

短いものよりは長いレンチのほうが少ない力で回すこともできますので。

サイズは部品によって様々なので、メガネレンチのセットを購入しましょう。

潤滑油「ラスペネ」

固着がひどいときは、潤滑油を浸透させるだけでもかなり外れやすくなります。

定番の「5-56」でも、OKですが、さらに強力なワコーズの「ラスペネ」という潤滑油は知っていますか?整備をよくする人なら知ってると思いますが、優秀な潤滑油でして、浸透力もバツグンです。

今後、バイクのメンテナンスを自分でしたい人は、必ずもっておきたいアイテムなので、是非使ってみてください。

ハンマーで固着を剥がす

メガネレンチでもビクともしないときは「ハンマーで叩く」のを試してみましょう。

ボルトに衝撃を与えると、固着が緩みますので、数回打ち付けてみましょう。その後、メガネレンチを試すと、ほとんどの場合ボルトが外せるようになります。

 

無反動のハンマーなら的確にボルトを打ち込めます。手に当てないように注意して扱いましょう。

サーフェイスソケットを使ってみる

サーフェイスソケット

サーフェイスソケットは、普通の六角ソケットと違い、広い範囲の丸い面でボルトを捉えるため「ナメにくい」のが特徴で、回しやすくなります。

さらには、面をしっかり捉えているので、力をあまりくわえず外すことができます。

バーナーでナットを緩ませる

バーナー

金属は熱を帯びると、膨張するので、その性質をつかいナット部分をバーナーで炙ることによりスキマが生まれます。

ただしバーナーの扱いには注意しないと、バイクにはガソリンやオイルが積んでありますので引火しないようにしましょう。

 

バーナーを当てるのは表に出ている部分(マフラーを止めているボルトなど)に使いましょう。奥まったところでは的確に炙ることができず、周りの部品をいためる可能性もあります。

注意点は多くありますが、ほとんどの場合、解決する方法なので覚えておくと最終手段としても使えます。

トーチバーナー アウトドア ガスバーナー 料理用 バーナー 900℃~1300℃ 調整可能 調理用 バーナー カセットボンベ 炙り用 ガストーチ BBQ/アウトドア/料理/お菓子作り/キャンプ の炭火起こし/溶接
JKUNDA

ボルトがナメてしまった時の対処法

もし、ボルトがナメてしまい、上記の方法でも外せなくなってしまった場合は、そのボルトは再利用ができなくなりますので、新しいボルトを用意した上で、外しましょう。

ナットツイスター

ハメこむ部分が特殊な形状をしているので、完全にナメたボルトでもガッチリと捉える事ができます。

ナットツイスターを使って外したボルトやナットは再利用ができなくなりますので、かならず新品のボルトを用意してから行いましょう。

そして、ナットツイスターは外す専用の工具なので、これを使っての締める事はできません。

 

もしもの時の為に持っておくと安心の工具です。

エキストラクター

こちらはドリルでボルトの頭に穴を開けて、専用のビットをセットし、抜く方法です。当然ドリルは別売りになります。

エキストラクターを使う状況とは、「ボルトの頭が切れてしまった場合」に使えます。レンチなどで回しているときにボルトの頭部分だけが切れてしまうこともあります。

そうなると、ナットツイスターでも外せなくなりますので、エキストラクターの出番です。

 

ただ、ドリルを使うので、奥まったところや狭い場所のボルトには対応していませんので注意してください。

まとめ:ボルトは力任せに外そうとしない

ボルトは金属なので、腐食が進むと錆びて外れにくくなります。

ボルトはを外す時は、モンキーやスパナではなく、メガネレンチを使いましょう。

 

どうしても取れない場合は、潤滑油やバーナーで固着を剥がす方法がいいでしょう。どちらにしても力任せに外そうとすると逆に外れにくくなり、バイクにもよくありません。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』