sr400盗難対策


クラシックスタイルで男女ともに人気のあるYAMAHA SR400の盗難対策についての記事です。

 

『SR400って人気車だけど盗まれやすいのかな?』

『どうしたら盗まれなくなるの?確実な対策方法を知りたい』

 

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • SR400が盗まれやすい理由
  • おすすめの盗難防止グッズ
  • 最低でも「盗難保険」は必要!

この3つを紹介します。

結論から言うと「盗難防止グッズ」を使うのは効果的ですが、100%盗まれないとはいえません。

万が一の時に「バイク盗難保険」への加入は絶対必要だと思っています。

SR400が盗まれやすい理由とは?

SR400は1978~今現在も生産・販売が続いており、そのシンプルでクラシックなデザインが人気のバイクです。

基本的に人気で需要のあるバイクが盗まれやすい傾向にあり、SR400も同じ。

 

ただ、他のスポーツタイプなどに比べると、車体ではなくパーツで盗まれることが多いような気がします。

SSなどはカウルがあるので、細かいパーツは取られにくいんですが、SRの場合は「ミラーだけ」などパーツ盗難報告が相次いでいます。

 

歴史が長いSR400ですから、型式によっては純正パーツが手に入りにくいこともありますので、中途半端に新しい車種よりも、古い型か最新の型が狙われやすいでしょう。

SR400はパーツを盗まれないようにするのが優先!盗難防止グッズ!

バイク泥棒

パーツが盗まれやすいSR400ですが、車体ごと盗まれて別の場所でバラバラに分解されることも考えられますので、盗難対策はしっかりとしておきましょう。

ただし、盗難防止グッズをつけたからといって100%安全ではありません。が、無いよりは数倍マシですので、オススメの盗難防止グッズを2つ紹介します。

しっかりとバイクカバーで隠す

盗難対策の基本は、バイクの存在を隠すことです。バイクカバーをしてあるバイクと、していないバイクが並んでいた場合、どちらが盗みやすいでしょうか?

 

結局、盗難対策というのは「盗むのに手間がかかると思わせる」ことが大切になるので、外そうと思えばカンタンに外せますが、それでも「手間」がかかりますので、対策としては有効です。

 

また、バイクカバーをかけてあるだけで、パーツの盗難率はグッと減ります。一々ミラー盗むためにカバーめくったりするのも手間になりますからね。

バイクカバーは雨やゴミ避け以外にも盗難対策としても有効なので必ず用意しておきましょう。

確実にSR400を守るなら「盗難保険」は必須!

これまで紹介したような盗難防止グッズを組み合わせたとしても、「絶対盗まれない」という保証はありません。

 

SR400のように人気で需要のあるバイクは、車体ごと盗まれることも珍しくはありませんし、プロの犯行であれば足が付かないように即対策がされます。

そうなったら1%も戻ってくる可能性はありません。泣き寝入りです。

 

ですが安心してください。そのときの為にバイクの「盗難保険」があります。

バイクの盗難保険は、まずあなたの乗っているバイクの年式をいれると、「バイクの価値(相場)」が出るのでその価値に合わせた保険を選ぶことで、バイクが盗まれたときにその金額が保証されます。

 

つまり盗難保険に入っていれば、盗まれても新しく買いなおせる可能性が高いということですね。

さらに、盗難保険には「パーツ盗難補償」も付帯しているので、パーツだけ盗まれた場合も補償されます。

 

でも保険ってなんか高そうだな・・・』と思う人も多いですが、実際は全然高くないんですよ!

実際に最新のSR400(RH16J)の査定結果を紹介します。

  • メーカー:YAMAHA
  • 排気量 :400cc
  • 車種  :SR400
  • 年式  :2019年
  • 査定額 :530,000円

 

おすすめの盗難保険プランは「盗難50」「盗難60」になります。

  • 盗難50:年19,000円(月1,583円)
  • 盗難60:年22,200円(月1,850円)

つまり1日たった「52円」で盗難保険に加入することができるのです!めっちゃ安くないですか?

 

しかも今回の査定は「最新のSR400」での査定結果になるので、型式が古かったりするとさらに安く加入することができます。

実際に私の「レブル250・Ninja・ハーレー」などの盗難対策記事から保険加入者が増えているので、あなたもこのタイミングでの加入がオススメです。

『自分だけは大丈夫』と思わないでしっかりと対策をしておきましょう。

 

\ロードサービスと同時加入でさらにお得/

盗難保険の申し込みはこちら

ずっとライドクラブの申し込み方法

盗難保険の申し込みは簡単でして、家からでもすぐに申し込むことができます。

ここで必要書類や手続きの流れなどを紹介するので、参考にしてください。

ずっとライドクラブのページで「見積もり」出す

まずはずっとライドのページに飛び、「見積もり」のボタンを押して今乗っているバイクの年式などを入力していきます。

年式やグレードがたくさん出てくるので、もし自分のバイクがどれに当てはまるのか分からないときは車台番号(フレームナンバー)から調べられる場合があるので

ずっとライドクラブ お問い合わせ

0120-819-549(10:00-19:00 年末年始除く)

コチラに連絡してください。

車両の登録証をスマホで撮影する

見積もりが出ましたら盗難保険に登録するバイクの登録証をスマホやデジカメで撮影し、画像ファイルを送信します。

排気量によって送る登録証が変わり

  • 125cc以下:標識交付証明書
  • 250cc以下:軽自動車届出済証
  • 251cc以上:車検証

このようになります。必ず全体が読み取れるように撮影をしましょう。

また、本人名義での登録が必須になりますので、代理での申し込みはできません。

その後支払い(クレジットカード・コンビニ決済・銀行振込の3種類)を済ませたら無事に申し込みが完了します。

かなりカンタンにできますのでできるだけ早めに登録することを強くオススメします。

まとめ:バイクの盗難対策はカスタムよりも先にするべき!

40年以上も生産が続き、多くの人に愛されるSR400ですが、人気がゆえに盗難される確率は非常に高いです。

バイクの場合、盗難されたら戻ってくる可能性がかなり低いので、ほとんどの人は泣き寝入りになってしまいます。

 

盗難防止対策のグッズを装備するのもひとつの手ですが、プロの犯行では時間稼ぎ程度にしかなりませんので、確実に守るならば「バイク盗難保険」に加入するのが間違いないです。

 

最新で新車のSR400でも月額1,500円ちょっとで入れるので、学生でも難しくない金額です。

個人的には強制保険と同等レベルで加入しておきたい保険だと思っていますので、ぜひ検討してみてください。

 

バイク盗難保険は⇒ZuttoRide