VTR250にビキニカウルをつけてみた

どーもです!うぴ(upi_da_VTR)でございます。

購入時から付いていたビキニカウルなんですが、内側が未塗装で安っぽかったり(というか安いやつだと思います)よく見ると塗装がめちゃくちゃ下手くそだったり気になったので、とりあえず1回外してみようかな、と思いました。
[cc id=”314″ title=”記事中アドセンス”]

12mmのメガネで、両サイドのボルトを外します。

筒とボルトのセットで固定されていました。

終~~~了~~!!!
たったコレだけでした。

多分これと同じヤツでしょう。3,000円代という値段を考えれば「安っぽさ考えたらこの値段が妥当」

 

ブランブランになったヘッドライトを元の位置に戻して、先ほどのボルトをインします。

手順は同じ。

う~ん。何か違う気がする・・・元々安っぽかったのがさらに安っぽくなった気がする・・・。

今まで手が届かず清掃できてなかったからか、凄く汚い。
なんかコケ生えてるし・・・。

そして

なんじゃこりゃ~!

現車確認の際「立ちゴケ1回してるんすけど、大きな傷はマフラーくらいっすね」とか言っていた店員よ・・・。

1番大きな傷があるじゃないか。へこんでるし。

多分前の持ち主が傷を隠すためにビキニカウルを買って、適当な塗装をしたんでしょうね。
なんか凄く泣きたくなりました。開けなきゃ良かった

とりあえずビフォーアフター

ビキニカウルなし

ビキニカウルあり

なし

あり

こうみると意外とカウル無しも良いな笑

しかし元に戻しました。個人的にビキニカウルが必要が理由がありまして。

タオル置き場ができる事

これかなり重要。

カウルとメーターの間にスペースがあるんで、そのスペースにタオルを入れてるんですよ。

雨でも通勤で使うので、サッと取り出せてサッと拭けてサッと放り込める。意外と便利です。

デメリットもありまして、小さめのタオルだと隙間から落ちる。
白いタオルだとスクリーン越しからでも見えてしまい、ダサい。以上です。

今後お金に余裕ができたらカウル新調してみようと思います。塗装できる環境が無いので、既製品になると思います。

もしくは綺麗なヘッドライト買って交換するか、そのときの気分で更新していきます。

それではありがとうございました。

 

[cc id=6188 title=”記事下アマゾン誘導”]

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる