魚籠に乗るとお尻が痛くなるツーリングなどバイクに長時間乗っているとお尻が痛くなってきますよね?

最初はいいけどだんだん痛くて集中力が切れてしまうほどの痛みは勘弁してほしいです・・・。

 

『40分くらいでケツいたくなるんだけど何で?』

『お尻が痛くならない方法はなにかないの?』

 

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • お尻が痛くなる原因
  • お尻の痛みを無くす解決策

この2つをデスクワークで常にお尻を痛めている私が紹介します。

 

バイク乗りの地味にうっとうしい問題ですよね。これが解決できれば確実に長時間のツーリングも快適になるので、ぜひ試してください。

 

▼ゲルザブシートのオススメ▼

走行中にお尻が痛くなる原因

固くて細いシートはケツが痛くなりやすい

まずはなぜ、1時間もたたずにお尻が痛くなるのか?原因を解説します。

バイクシートが硬いから

バイクのシートって触ってみるとクッション性があるように思えますが実際には結構固いものが多く、バイクの振動や衝撃でガツンときます。

 

そうじゃなくても長時間同じ場所に圧がかかっているので余計に痛くなりやすいんです。

 

バイクウェアなどはプロテクターで重くなっているので、さらに圧がかかりやすくなります。

シートの幅が狭い

バイクの種類によりますが、スクーターなどのシート面積が広めのタイプはゆったりと座る事ができて痛みも大分和らぎます。

 

しかしスポーツタイプや、オフロードタイプのような面積が狭いor細長いタイプのシートは痛みが出やすいです。

 

お尻がシートからはみ出てしまうと、一部だけに圧力が加わるので痛くなります。

さらに乗車姿勢によってもお尻の一部だけに圧がかかるのでその部分が徐々に痛みを感じてきます。

走行中のお尻の痛みを無くす解決策

バイク乗りのお尻痛みを無くす方法

痛みが無くなればバイクに乗る事がさらに楽しくなりますよね。ツーリングでもストレス無く乗れますし、いいことばっかりです。

ではお尻が痛くならないようにする解決策を紹介します。

尻を浮かせて走る

ちょっとした痛みでしたら、軽くお尻を浮かせて走るのが手軽です。直線や交通量の少ないところでしたら、スピードを緩めて試してみましょう。

 

ステップに体重を乗せることになるので、ちょっと気が引けるのが欠点です。

10秒くらい浮かせていればかなり痛みは軽減しますので定期的にシートからお尻を離してみてください!

 

ただし、やりすぎるとバランスを崩して転倒する危険性もありますので、気を付けましょう。

ゲルザブシートを引く

ポン付けできて手軽に効果を実感出来るのが「ゲルザブシート」です。

 

中にジェルの入ったシートを重ねる事で痛みがかなり楽になります。物によりますが、純正シート下にベルトを通して落ちないようにセットするのが一般的です。

 

メーカーによってもデザインや値段がかなり変わるので、実店舗で確かめてみてください。あまりにも安いものだと薄すぎて効果がない場合もありますので、注意しましょう。

↑汎用品なので迷ったら選びましょう。

 

関連記事>>>お尻の痛みとサヨウナラ!バイク用ゲルザブシート・クッションのおすすめ人気5選

パッド入りレーサーパンツを履く

インナータイプのパンツで、お尻部分にパッドが入っているので、硬いシートでもお尻が痛くならないように設計された物なので、効果はバツグンです。

 

バイクよりも、シートが小さくて硬い自転車乗りの人がよく履いているようなパンツです。

 

これを履いていれば走行中はもちろん、休憩などで地面に座るときも痛みがなく快適に過ごせるでしょう。

インナーとして履くと若干ゴワつくかもしれませんが、お尻の痛みを無くしたい人はぜひ試して欲しい製品です。

 

ピッタリサイズがいいなら、ワンサイズ小さめを選びましょう。

中のスポンジを交換してみる

ある意味手っ取り早いかもしれない方法が「シートの中身を交換する」という解決策。

 

シートの張り替えをしたことがある人なら分かると思いますが、シート内にはスポンジが入っています。しかし、経年劣化により、スポンジがヘタってくるので、クッション性が落ちてきます。

そこで、中のスポンジを交換することで、クッション性を復活させ、快適な座り心地を戻しましょう。

 

、、、と言っても中々専用の形をしたスポンジはないので、基本的にはスポンジをカットして、痛んだ部分に盛るような方法で補修していきましょう。

 

シートを一度剥がさなくてはいけないので、新品の場合はオススメできません。

まとめ:お尻の痛みを無くして快適ツーリング

バイクでのケツの痛みはシートが硬く、シート幅が狭い事で、お尻のポジショニングが中々かみ合わないから、一部分だけに圧がかかり痛くなります。

 

特にスポーツタイプや、オフロードタイプのバイクはシート幅が狭く場合によっては30分くらいで痛くなる。

 

それを解決する方法は大まかに4パターンあります

 

 

バイクの大きな悩みでもあるお尻の痛みを解決して、今よりもストレスない会的なツーリングができるようになればと思います。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』