ヘルメットを脱いでも髪型がぺちゃんこに崩れない方法|エアーヘッドという神アイテム

通勤や通学でバイクを使っている人が特に気になるのが髪型です。

朝せっかく時間をかけてセットしたのに、ヘルメットを被ったらペチャンコになって台無しに…。

バイクメン

これじゃキマらんよ…何かいい方法あるの?

ライダーA

100%とはいえんがあるよ

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • ヘルメットで髪が崩れる原因
  • 神アイテム「エアーヘッド」とは?

この2つを紹介します。

▼ヘルメットにinするだけ▼

目次

ヘルメットで髪型が潰れる原因とは?

ヘルメット内部は通気性が悪い

ヘルメットを脱いだら大抵髪の毛がぺちゃんこになって恥ずかしい状態になっていますよね。

バイクメン

ヘルメットの圧で潰れてるのかな?

実は髪がぺちゃんこになるのは、圧がかかっているだけではありません。

最大の理由は通気性が悪いからです。

熱がこもり蒸れることで汗や皮脂が出てさらに湿る

ヘルメットは安全性の代わりに通気性が悪くなりやすいので結果として熱の逃げ場がない状態になってしまうということです。

汗の湿気がヘルメットの圧力が加わり、髪型が潰れた状態でキープされてしまいます。

バイクメン

文字で見ると余計に嫌だな…

さらにヘルメット内に残った「汗やワックスの残り」のせいで雑菌が繁殖しやすくなるので髪にも悪い影響があります。

つまり大切な事は通気性をよくしてヘルメット内の空気を回すことです。

神アイテム「エアーヘッド」とは?

Motorimodaというメーカーから販売されている、ヘルメット用ベンチレーションライナー「エアーヘッド

バイクメン

ベンチレーションは通気性のことです!

効果としてはヘルメット内の通気性を良くして、熱がこもらないようにする仕組みになります。

熱がこもり汗汚れとニオイが気になる夏こそ特に使ってほしいアイテムになります。

エアーヘッドの特徴