自宅やアパートにバイクを置く場所がない?家にバイクを置く注意点とオススメの駐車方法

バイクの置き場所には意外と困る

意外と困るのが「バイクの駐車スペース」に関してです。

バイクメン

バイク買いたいけど置くところがない…

ライダーA

持ち家でもスペースない所多いよね

こんな悩みを解決する記事です。なので今回は

  • 賃貸のバイク置き場
  • 持ち家のバイク置き場
  • コンテナ保管のメリット・デメリット

この3つを解説します。

私は今も現役で不動産の仕事をしているので、『アパートにバイクを置きたい』という相談はかなり受けてきました。

リアルにどんな対応がされてきたのかを含め詳しく解説します。

\駐輪場がない人はレンタルコンテナもオススメ!/



目次

賃貸アパート・マンションのバイク置き場

今住んでいるのが借りている物件の場合、さっそく結論からお答えします。

スペースが空いていても必ず不動産屋に問い合わせてください

仮に契約時『もしかしたら今後バイク乗るかも』と話していたとしても、大家さんに伝える意味もあるので、必ず不動産屋に相談してください。

バイクメン

勝手に停めはじめる人も多いけど結構バレるから注意しよう

勝手にバイクを停め始めると大家さんから『最近ずっと知らないバイクが停まってるんだけど』というクレームが不動産屋に入り、大きなトラブルに発展する場合もあります。

これから賃貸アパート・マンションに引っ越す場合のコツ

今バイクを持っている状態(もしくは引っ越しに合わせて購入)のお部屋探しは、バイクOKの物件になります。

バイクメン

ここで物件探しのコツを1つ

車の駐車場は記載されてることが多いけど、バイク置き場含む駐輪場については載せていない不動産屋も多くいます。

なので、「バイク駐輪場あり」と書いていなくても、もしかしたら置けるスペースがあるかもしれません。

バイクが置きたい場合の部屋探しのコツとしては

  1. 見学したい部屋を問い合わせる(3~5件くらい)
  2. バイク置けるか相談(排気量や車種も聞かれるかも)
  3. 日程合わせて見学

電話で問い合わせた時に見たい部屋と探している部屋の条件を伝えると、見学の日に類似物件を紹介してくれます。

気になる用でしたらバイクが置けるかをその場で大家さんに聞いてもらいましょう。

家の前でも路上駐車はやめたほうがいい

家の前に停めると盗難の区立が高い

戸建て、もしくはアパート住みの人で「自宅に駐車場がないけど家の目の前の道路にスペースがある」場合でも、路上駐車はやめましょう。

理由としては2つあります。

  1. 駐禁を取られる
  2. 盗難やイタズラ被害に遭う

これらを解説します。

①駐禁を取られる可能性がある

公道にバイクを停めるのは駐車違反になります。

家の前であろうが敷地外と判断されたら切られますので、友人が家に来たときも気を付けましょう。

バイクメン

8割自宅駐車場に入ってるのに、2割はみ出てただけで切られそうになったから…

またアパートなどの共有地な駐車違反にはなりませんが、住民間、もしくは大家さんとのトラブルの原因にもなります。

バイクを置きたいときは、必ず不動産屋、もしくは大家さん(自分で管理してる場合)に相談してみましょう。

②盗難やイタズラ被害に遭う

常に停めたバイクが見えている状況ならわかりませんが、寝る時などほとんどの場合は目を離しているでしょう。

家の目の前だからといって実は安全ではなく、盗難やイタズラの確率がかなり高い傾向にあります。

バイクメン

普通、家に置いてたら超絶安心って思っちゃうもんね

実際にバイク盗難が一番多いのが自宅なので油断は禁物です。

バイクの盗難に関しては『バイク盗難保険ZuttoRide』こちらのサービスがバイク界でもぶっちぎりでオススメです。

駐車場の空きスペースを使う(車の後ろ等)

自宅(アパート・マンション含む)に、車の駐車場がある場合や、月極で近くに駐車場を借りている場合は

  1. 車止めの後ろのスペースを使う
  2. 空いているスペースを使う

この2つの選択肢があります。

バイクメン

お金かからないし、盗まれにくいし最強だよね

①車止めの後ろのスペースを使う

車止めの後ろに充分なスペースがあり、なおかつ隣の車の迷惑にならない場合だったらほとんどOKです。

バイクメン

OKかどうかは大家さん次第なので不動産屋へ連絡です!

車止めの後ろが壁なら大丈夫ですが、後ろがガケだったり後ろ側も駐車場になっている場合は転落や、他の人の迷惑になるのでやめましょう。

  • メリット:お金がかからない・盗難されにくい
  • デメリット:出し入れがしにくい

バイクのサイズによっては無理な場合もあるので、事前にサイズ感を図っておくのは重要です。

②空いているスペースを使わせてもらう

アパート敷地内の駐車場の角や、車の通行の邪魔にならないようなスペースに置けたらいいのに…と思うこともあります。

しかし、勝手に停めるとトラブルの原因にもなりますので、こちらも大家さん、不動産屋に確認しておきましょう。

バイクメン

これといった決まりはなく、大家さんの判断です

実際に、大家さんの気分や好みで決められることも普通にあるので、不動産屋と大家さんとの関係は良くしておいたほうが有利な方向に進みます。

  • メリット:出し入れがしやすい
  • デメリット:盗難やイタズラの標的にされやすい

コンテナ・ガレージをレンタルする

しかしどうしても敷地内の見える場所にバイクが置けないとなってしまった…。

そんな時は、周辺の貸しコンテナを調べてみましょう。

バイクメン

バイク専用コンテナがあるかも!

貸しコンテナ・ガレージのメリット



貸しコンテナやバイクガレージへの保管はメリットが多くあります。

  1. 雨・風・日差しを防げる
  2. 盗難されにくい
  3. バイクグッズも一緒に置ける

この3つが揃っていれば「最高の保管場所」でしょう。

①雨・風・日差しを防げる

バイクの天敵と言えば「雨・風・日差し」です。放置していてもこれらは避けることができません。

バイクメン

バイクカバーはあるけど風に弱いからね

コンテナやガレージは屋根がありますので、天気の影響を完全に受けなくなります。

なので、高級車などたまにしかのらないバイクの保管場所としても最適です。

②盗難されにくい

コンテナは基本的に盗難されにくくなります。バイク本体が見えていないので、目を付けられる可能性が低くなるからです。

バイクメン

ただ、100%盗まれないとはいえない

それでも防犯カメラが設置されセキュリティがしっかりしているコンテナ置き場も多いので窃盗犯は多くはないでしょう。

確実に外に出しているバイクの方が盗難リスクは高くなります。

③バイクグッズも一緒に置ける

バイク以外にも、ヘルメットやジャケットなど装備をコンテナ内にぶっこんでおけるのは地味に助かります。

バイクメン

部屋からバイクの所まで地味に大変だよね

家に置くとスペース取りますし、フル装備でバイクの元までいくとなると遠くに置いてある場合は大変です。

なので、コンテナ内にバイクと一緒にフル装備をしまえるのはかなりメリット何じゃないでしょうか?

webサイトはこちらから>>>『バイクコンテナが見つかる!スペースプラス』

コンテナ・ガレージのデメリット

レンタルガレージ

コンテナにも、もちろんデメリットもあります。

  1. そもそもバイク用コンテナが少ない
  2. 空気がこもりやすい

この2つもしっかり覚えておくといいでしょう。

①そもそもバイク用コンテナが少ない

探してみると分かるんですが、バイク専用コンテナは都会に集中しており、あまりみつかりません。

上で紹介したサイト以外のサイトも回って見るといいでしょう。

バイクメン

徐々に全国展開してるみたいだけどね

逆にバイクを停めるスペースが少ない場所ほど、貸しコンテナは多くなる傾向になります。

②空気がこもりやすい

コンテナ内は密閉空間になるので、空気がこもります換気扇や通気口があるコンテナもあります)

夏の閉めきったコンテナは余裕で50度以上の高温になるので、バイクへのダメージは少なからずあります。

バイクメン

地獄のように暑そう

冬は冬で、エンジンが冷めていない状態でコンテナにしまうと温度差により結露ができ、サビや電子機器の故障にも繋がります。

とはいえそこまでかんたんには壊れる事はないので心配無用ですが、少し気になりますよね。

ライダーA

メリットの方が多いから許せるかな

バイクが置ける環境に引越しする

バイクのために引っ越し

どうしても今の家でバイクが置けない場合、「引越し」という方法が一番手っ取り早く、確実でしょう。

引越し先には3パターンあり

  1. 駐輪場付きアパートorマンション
  2. 駐車場付きの一戸建て
  3. バイカーズ/ライダースマンション

それぞれ特徴やメリット・デメリットがあるので詳しく紹介します。

①駐輪場付きアパート・マンションを借りる

バイクが停められる駐輪場付のアパートやマンションを優先に探してみるといいでしょう。

主要な駅から離れるほど家賃は下がりやすくなるので、バイクが生活の足になるなら思い切って不便なところを探してみるといいかもしれません。

バイクメン

駅から離れるだけでも駐車場付き物件たくさん出たりするよ

ただし、目の届かない場所になると盗難被害が起きやすくなるので、注意が必要です。

盗難保険等の対策は必ず加入しておきましょう。

駐車場付きの一戸建てを借りる

家族がいる人や友人とルームシェアを考えている人は、戸建てを借りるのもアリだと思います。

空き家問題などで騒いでいる地域だと、明らかに広い家を近くのアパートと同じ値段で借りることもできます。

バイクメン

安いのはめちゃボロい家も多いけどね!

優先するものが何になるのかを見極めてお部屋探しするといいですよ。

バイカーズ/ライダースマンションを借りる

バイク好きや、高級なバイクに乗っている人には「バイカーズ」なのか「ライダース」どっちか分かりませんけど、バイクスペースが部屋の中にあるタイプのマンションが理想でしょう。

部屋にいてもバイクが目に届くので、防犯性は確実ですし、ガレージ内での作業もできます。

ライダーにとって夢のような空間ですよね。普通のマンションと比べて料金は高くなりますが、安全性と夢のような生活を送りたいなら安く感じます。

まとめ:バイクが置ける環境に住むのが大切

バイクを買いたいけど、今住んでいるところで置けるか不安…。

そんな時はまずバイクが置けるスペースがあるか、不動産屋を通して大家さんに相談してみましょう。

バイクメン

無くても近隣のパーキング情報とか教えてくれたりするよ

それでも今の場所じゃ難しい時は

  • コンテナ・ガレージをレンタルする
  • 思い切って引っ越す

中々難しいバイクの置き場所問題ですが、根気よく探せばきっとみつかります。

その場合、目の届かない場所に置くとなったらバイクの盗難保険には加入しておいた方がいいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる