バイク用レッグバッグが絶妙にダサくてかっこいい!ポーチの人気おすすめ10選

レッグバッグのおすすめ

ツーリング時に役立つダサかっこいい「レッグバッグ」の記事です。

バイクメン

レッグバッグてオッサン臭くない?

ライダーA

昔のイメージはね。今は機能もいいし使いやすいよ

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • バイク用レッグバッグの特徴
  • レッグバッグはダサい?!
  • おすすめのレッグバッグ10選

この3つを紹介します。

特に、お土産など買わない日帰りツーリングならレッグバッグだけでも純分に戦えるのでミニマルなライダーにもおすすめ。

\デザイン◎使いやすいレッグバッグ/

目次

レッグバッグの特徴

レッグバッグとは写真のように太ももに固定するタイプのバッグです。

身につけるバッグ(バックパック・ウエストポーチ)と何が違うのか?どんなときに便利なのかを解説します。

走行中の邪魔にならない

ウエストポーチを腰に巻いた場合、タンクに当たって邪魔になったり、後ろに回してもシートの段差に引っかかって邪魔になる事があります。

そんなときでもレッグバッグなら車体と接触することがないので、走行時に邪魔になりません。

バックパックのように大容量が必要ないときも使いやすいグッズになります。

持ち運びに便利

タンクバッグやシートバッグよりも持ち運びにスマートなので頻繁にバイクから降りて行動する人に向いています。

なのでスマホやお財布を入れておく用に使いやすいバッグです。

バイクメン

なんだかんだバッグ類おいていくのは怖いからね

タンクバッグを取り付けるのが嫌な人も多いのでそんな時に取り出す頻度の高い物を入れておけるので便利です。

お金が取り出しやすい

そもそもバッグの取り出しは「バイクで走っているときではなく、止まっている時や降りた後」です。

なので降りてからの買い物や、自販機で飲み物を買ったりするときにサッと取り出せるのは便利です。

その他にもETCが使えない有料道路を通るときなども、お金がサッと取り出せるのでかなり使いやすいバッグです。

レッグバッグはダサいのか?

レッグバッグやウエストポーチって「おじさん」のイメージが強すぎるんでしょうね。

バイクメン

検索ワードでも「レッグバッグ」といれるとダサいがくるね

しかし、最近ではデザイン的にも若者に受け入れられており、普通に便利すぎるということでレッグバッグの人気が上がってきています。

その証拠に、各バイク用品メーカーからもたくさんのレッグバッグが販売されています。

バイクメン

選ぶのが大変なくらい各メーカーが出してるよ!

値段もお手ごろ価格だし、余計なバッグをバイクに装備させなくていいのでかなりスタイリッシュだと思います。

機能性に優れたレッグバッグは今後さらに使う人が増えるでしょう。

おすすめのレッグバッグ人気10選

ここからはおすすめのレッグバッグを10個紹介します。

容量や値段など選ぶ基準は様々ですが、自分がいいと思ったものを選ぶのが後悔しない1番の方法なので、一目見た時の衝撃で選びましょう。

デジパッグプラス/タナックス

バイク用のバッグ類といえば「タナックス」は外せません。

容量は2.8L~4.6Lまで変えられるので、スマホ・財布、ペットボトルも入ります。

ライディングレッグバッグ/コミネ

やはりコミネは庶民ライダーの味方です。値段が安いのに性能がよく「ザ・コスパ」商品です。

容量は3.6Lと普通に使いやすい大きさで、大きすぎないので邪魔になりません。

バイク用ホルスターバッグ/ラフアンドロード

バイク用品メーカーでも有名なラフアンドロードのホルスターバッグです。

この製品の面白いところは、フロントポケットのひとつに取り外し可能な「コインホルダー」が装備されていること。

これはETCを持っていない人や、ETCの使えない料金所で大活躍しますね。

ちょっと値段はしますが、機能面ではトップクラスです。

バイクレッグバッグ/サイバトロン

デザインが特徴的でカワイイ感じのレッグバッグでして、女性でも使いやすいデザインになっています。

ポケット数も多く、メインポケットには500mlのペットボトルも入る大きさです。

小物が多い人にはうってつけのレッグバッグです。

ウエスト&レッグバッグ/ゴールドウイン

作りや素材がしっかりとしているゴールドウインのレッグバッグです。

写真では分かりにくいんですが、上下部にベルトがついているので、ウエストと太ももに固定して使います。

収納力は低めですが、スマートに使いたい人にオススメ。

レッグバッグ/PHOENIX IKKI

小物の収納が多くありバイク以外のアウトドアにも使いやすいレッグバッグ。

デザインもシンプルでまとまりがあるのでサラッと着こなすのにおすすめ。

ホルスターバッグ/Givi

バイクのリアボックスでおなじみのGiviのレッグバッグです。

長細いシルエットで長い財布にも対応しています。シンプルな構造で中身を取り出しやすいのもメリットです。

ショルダーバッグ/アヴィレックス

名目としてはショルダーバッグに分類されるんですが、ベルトの位置を調整することでレッグバッグとしても使えるようになります。

なので、体が大きい人でもベルトが通るのでオススメです。

ミリタリーブランドなので、ファッション性に富んでいます。

レッグバッグ/Mercs

大人しくヴィンテージな印象のレッグバッグでして、どんな季節でも使いやすいオシャレなデザインになっています。

防水性もあるので急な雨でも大丈夫!また、耐久性も高いので長く使える製品です。

レッグポーチ/デバイス

フェイクレザーを使っているので本革と違い、お手入れの必要がありません。

カラーも黒やカーキなど種類があるので、バイクの車種に合わせて替えるのもいいですね。

アメリカンやクラシックタイプのバイクに合わせやすいバッグです。

まとめ:走行性と機能性のレッグバッグはツーリングにおすすめ

レッグバッグの特徴

  • ライディングの邪魔にならない
  • バイクから降りた後も便利
  • お金が取り出しやすい

レッグバッグはダサいと思われがちですが、最近ではオシャレなデザインのものも多く、今後使う人が増えるであろうバイクグッズです。

関連記事>>>バイクにたくさん荷物を積む方法8選|用途に合わせた積載量アップで快適なツーリング!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる