250ccでの二人乗りは危険250ccバイクでのタンデムについての記事です。

 

『バイクで二人乗りしたいんだけど1人の時とどう違うのかな?』

『タンデムのデメリットを知っておきたいな』

 

こんな疑問を解決します。なので今回は

  • バイクで2人乗りするための条件
  • 1人の時とどのくらい違うのか?
  • 安全にタンデムをするなら

この3つに関して紹介していきます。

 

個人的には250ccでの2人乗りはあまりオススメしていません。

 

10代のころはビッグスクーターでのタンデムは頻繁にしていましたが、今では絶対しないですね。

その理由なんかを書いていきます。

スポンサードリンク

バイクで2人乗りするための条件

まずは法律で決まってる「2人乗りの条件」から紹介します。条件は2種類あって

  • ①免許取得して1年以上
  • ②高速道路は3年かつ20歳以上

と、なります。

 

さらに高速道路でも一部2人乗り禁止のエリアがあります。

①の免許取得から1年以上とは、普通二輪・大型二輪・小型二輪の免許を取得してから1年ということなので、原付免許とか車の免許は条件に入りません。

 

②は3年以上でさらに20歳以上になったら2人乗りでの高速走行ができるようになります。

 

さて次からが本題です。

操作性が全然違くて疲れる

事故って大けがするライダー

とにかくタンデムって疲れるんですよね。全ての操作性が変わると言っても過言ではなく

  • 加速・減速
  • ブレーキのかけ方
  • カーブを曲がるとき

全部が変わります。

 

というのも車体も小さく、元々パワーも少ない250ccのバイクで、普段の倍近くの重りが乗っているんですから変わらない方がおかしいですよね。

 

結論からいうと事故の可能性が高くなるのでタンデムはオススメしません。

加速・減速時の注意点

乗り初めの頃の発進は特にゆっくり加速しましょう。パワーが出にくいのでエンストする可能性も大きくなりますので普段より回転数を上げて発進するのがいいです。

 

しかしいきなりフルで加速したり、急発進すると後ろの人が飛ばされて落ちることもありますので注意が必要。

 

クラッチ操作もいつもより丁寧に行いたいですが、普段よりも重くパワーが出ませんので、早めに2人乗り状態の感覚に慣れる必要があります。

 

減速時も同じで、うまくエンジンブレーキを使ってスピードを落としましょう。

2人乗りの感覚に慣れるのはスグですが、慣れたところで結構シンドイです。

ブレーキのかけ方

『好きな子を後ろに乗せて、急ブレーキかければ密着できるっ!!』

 

まぁ夢がありますよね笑

 

2人乗りの場合、「制動距離が伸びる」ということを頭に入れておきましょう。

 

つまり普段と同じブレーキ操作では、前の車に突っ込む可能性があるということですね。減速とおなじですが、エンジンブレーキをうまく使って、丁寧なブレーキをかけましょう。

 

急ブレーキで密着はいいかもしれませんが、バイク知識がない人なら「恐怖」に感じるでしょう。

 

バイクに乗っている人なら『何コイツ?わざと急ブレーキかけた?キンモー』と思われても仕方ありません。

カーブを曲がるときの注意点

バイクで曲がるときってハンドルを進行方向に曲げませんよね?重心を傾けて曲がります。

 

2人乗りの場合、後ろの人の重心移動で左右されます。

 

例えば、左に曲がろうとしたとき、後ろの人が「怖い!」と思って右側に起きあがろうとするとかなり危険です。

 

さらに左に曲がろうとしたとき、後ろの人が思いっきり左に重心をかけるとそのまま倒れる可能性もあります。

 

後ろの人に命がかかってるのと同じですので、もし同乗者がタンデム初めてなら、しっかりと曲がるときの説明をしましょう。

あとはニーグリップなど車体が安定するような乗りカをしっかりと教えましょう。

 

とにかく、2人乗りで影響を受けるのが「操作性の変化」なので、慣れないうちは交通量の多い道路はできるだけ避けた方がいいでしょう。

車体が小さいとダサく感じる

海岸を二人乗りで走るバイク
出典:モーターファン

ビッグスクーターはもちろん、ドッシリした大型アメリカンやツアラータイプなら安定性も含めてタンデムはありだと思うんですが、250ccのネイキッドやスポーツタイプのようにひょろい車体だとダサく見えるんですよね。

 

「やんちゃ坊主がイキってるようなイメージ」

 

が強いですね。

 

シートも狭くて窮屈なのがダラしない。

スポンサードリンク

それでもタンデムがしたい人ヘルメットをしっかり選ぼう

タンデム用にヘルメットを持っている人も多いかもしれません(もしくは自分用の予備)

 

『誰が被るか分からないから半ヘルにしてる』

 

多分こんな人が多いと思いますが、半ヘルは絶対にやめましょう。

もし事故が起きたときの事を考えると半ヘルはかなり危険ですので、最低でもジェットヘルメットを選ぶようにしたほうが好ましいです。

 

私のオススメとしは値段と安全性が高くて人気の「ゼニスのジェットヘルメット」です。

まとめ:やっぱり250ccでタンデムはしたくない

250ccだとパワーもないしなんかダサいからタンデムはしたくないですね。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』