どーもです!うぴ(upi_da_VTR)でございます。

『夏にもグローブってした方がいいのか?なんか暑くて嫌になりそうじゃない?』

という人に向けての記事です。

  • 夏にグローブはなぜ必要なのか?
  • 夏のバイクグローブはどれを選べばいいのか?

この2つを紹介します。

バイクのグローブも意外と値段がしますが、後回しにしないほうがいいレベルで重要装備になりますので、早めに用意しましょう。

夏にグローブはなぜ必要なのか?

結論からいうと「安全性」の為に夏でもグローブは装備したほうがいいです。

安全性には厳密に

  • 単純な防御力。事故時の怪我軽減
  • バイクの操作性。事故を回避する

この2種類があります。

 

素手や軍手の場合、ちょっとしたバイク事故でも手がえぐれたり、最悪指が吹っ飛ぶ可能性もあります。

「グローブを装備していればここまで酷い怪我をしなくて済んだのに・・・。」

という状況は多く起こっています。

 

もうひとつの操作性。バイクに乗っているとハンドルガードがない限り手には直接風が当たります。

その微妙な疲労感などで手が固まってしまうと、クラッチ・ブレーキ・ウインカーなどの操作に影響がでます。

グローブはバイクに乗る事を想定されているので、スムーズに操作ができるようになっています。(サイズはちゃんと合わせよう!)

 

他にも、夏の日焼け予防としてもグローブを装備することが望ましいです。

つまりバイク用のグローブは安全性を高めるために装備した方がいいと言うことです。

 

グローブについては『【初心者必見】バイク用グローブの選び方|操作性は命に関わる!軍手?アホか!』にて詳しく書いてありますのでチャックしましょう。

スポンサードリンク

夏のバイクはメッシュグローブ一択

厳密に「夏用」としてのグローブは「メッシュグローブ」でして、特徴としては通気性がよいことですね。

通気性がよいと、走行中の風で涼しくて、グローブ内も蒸れにくくなり快適に乗ることが出来ます。

一言にメッシュグローブと言っても革・ナイロンの種類や、プロテクターが付いたグローブなど種類があります。

 

今回は分かりやすいように

  • 革のメッシュグローブ
  • プロテクター入りグローブ

に分けて紹介します。

スポンサードリンク

革のメッシュグローブ3選

革のグローブの印象って「暑そう」「蒸れそう」「臭そう?」など完全に夏に使うものとは真逆の印象です。

しかし、革製品でさらにメッシュ機能搭載なので、通気性も良く、防御力も高く、蒸れにくいアイテムです。

アメリカンバイクや、クラシックスタイルのバイクにはゴテゴテしたプロテクター入りのグローブよりも革素材のクールなグローブが似合いますからね。

おすすめの3選を紹介します。

ゴートスキンパンチング / DAYTONA(デイトナ)

 

手の甲と手のひら側の両方にゴートスキン(山羊革)を使用しているデイトナの革メッシュグローブ。

ゴートスキンは手に馴染みやすく、操作性もバツグンです。手の甲が側がメッシュ素材になっているので、通気性も良く、蒸れにくい作りになっています。

シックなデザインなので、どんなバイクにも似合います。さらに低価格なので、初心者からベテランまで使いやすいグローブですね。

バイクグローブ / INBIKE(インバイク)

拳をガードしてくれるカップ付きなので、事故時のダメージも軽減できる使用です。

全面がメッシュになっているので、通気性もかなりいいです。快適なライディングが期待できますね。

マジックテープでの微調節ができます。高級感漂うデザインですので、年齢問わずクールに装備できます。

AIR STREAM 2 / Held(ヘルド)

夏用のグローブとしては珍しいロングタイプの革メッシュグローブです。

掌部分はカンガルー革を使っており、しなやかな作りになっているので、操作もしやすいです。

ヨーロッパでの支持率がナンバー1のブランドなので、値段は少し高めですが、妥協のない性能を持った最高級のメッシュグローブです。

プロテクターメッシュグローブ

バイク乗りなら拳にプロテクターの入ったグローブを使用している人が多いかと思います。

夏でもプロテクター入りのグローブをすることで安全性と、安心感を手に入れることが出来ます。

わりとどんなバイクでも似合いますので、材質に悩んだらこちらのプロテクター入りメッシュグローブを選ぶほうが無難だと思います。

大人しい目からゴリゴリなレーサータイプまで様々なデザインがありますので、自身のセンスや、バイクに合わせやすいです。

 

おすすめの3選を紹介します。

カーボンプロテクトメッシュグローブ / コミネ(Komine)

カーボンのナックルガード(拳)を使用した安全性の高いメッシュグローブ。

指股に伸縮生地を使っているので、フィット感も操作感もバツグン。

コミネの中では少し値段が高めだが、しっかりした作りと安全性、操作性を考えるとかなりバランスのとれたグローブです。

ATOM(アトム) / alpinestars(アルパインスターズ)

デザインで人気のアルパインスターズのメッシュグローブ。何にでも合わせやすいシンプルな見た目と、確かな耐久性でおすすめのグローブ。

ナックルガードは粘弾性のポリウレタン使用。装着のしやすいショートタイプで、指先はタッチパッド対応なのでスマホも操作可能。

個人的に欲しい。

VELOCITY(ベロシティ) / RSタイチ(アールエスタイチ)

カーボンプロテクター内蔵の使い心地を追及したエアスルーメッシュのグローブ。

指先にもプロテクターがあるので、指へのダメージ軽減もかなり期待できる。伸縮性もよく、クラッチの操作もかなりしやすくなっている。

お値段も比較的安めなので初心者にも最適なグローブです。

まとめ:夏でも快適・安全なライドを

夏にもグローブをしたほうがいい理由として

  • 安全性
  • 操作性
  • 日焼け予防

などが上げられる。さらにグローブ無しだとしっかりしたツーリングではあまりいい印象を持たれなかったりするので、マナーという意味でもグローブはオールシーズンで必須なバイクアイテムです。

自分のバイクにあったスタイルのグローブを選ぶのがいいと思います。

 

メッシュグローブ選びに迷ったらこの中から選べば間違いないので、参考にしてみてください!

できればバイク店での試着をしたほうがいいです。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』