キャンプツーリングにおすすめの「クーラーバッグ」の紹介記事です。

 

『バイクでのキャンプツーリングに運びやすいクーラーってあるの?』

『基本的にソロで1日だけだから容量は少なくてもいいかも』

 

こんな悩みは「DODのライダーズクーラーバッグ」解決します。なので今回は

  • DODライダーズクーラーバッグのサイズ・容量
  • DODライダーズクーラーバッグを使うメリット
  • DODライダーズクーラーバッグのう~んな所

この3つを実際に使っている私がレビューしていきます。

 

結論をいうとライダーが使うことを想定されているのでかなり使い勝手がいいので、キャンプ初心者ならこちらを選んで間違いないでしょう。

連泊したり車でキャンプに行かれるとメリットが薄くなりますが、バイクでのキャンプならオススメです。

DODライダーズクーラーバッグのサイズ・容量

バイクは積載スペースが限られているのでキャンプギアは「サイズ・重量」が特に重要になります。

DODライダーズクーラーバッグのサイズ感と重量以下のようになります。

DODクーラーバッグのサイズ

横幅が40cm以下なので、大きめのツーリングバッグなら全然入るくらいです。

もちろんバッグの上に載せることもできますし、積載しやすいようにDリングが10ヶ所もあります。

平べったいのでホムセン箱の上にもしっかり載せられますね。

 

重量は640gとかなり軽め。少しでも重量が軽い方がライダーとしてはうれしいですよね。

容量は画像のようになります。

次でも詳しく紹介しますが、ソロキャンプや1泊ならちょうどいい容量になります。

 

若干物足りないと思うこともありますが、これ以上大きくすると積載に困るのでバランスがとれていると思います。

DODライダーズクーラーバッグを使うメリット

ここからは「DODライダーズクーラーバッグ」のイイ所を4つ紹介していきます。

バイクでのキャンプがメインならオススメできます。

ソロキャンプにちょうどいい容量

DODクーラーバッグに飲み物を入れたら

容量のサイズを見てもピンとこないと思いますので画像で見てみましょう。

350ml缶が10本入る大きさですので、たくさん飲む人には容量が小さいと思いますが、ほとんどの人は1人用なら十分だと思います。

 

私の場合、1泊なら大体3食分くらいの食材を持っていくんですがちょうど収まるくらいになるので問題ありません。

 

ただし、保冷剤を入れるとその分スペースが減るので、厚めの保冷材は使わないほうがいいです。

保冷材は上部のアミの中に入れると邪魔にならないのでいいですよ。

ボックスやツーリングバッグ上に乗せやすい

上から見たDODクーラーバッグ

先ほども書きましたが、平べったくなっているのでバイクの後部座席はもちろん、バッグやホムセン箱の上においても安定するのがメリットです。

また、Dリングが付いておりツーリングネットやフックがかけられるので、より落下のリスクを減らせます。

ショルダー付きで運びやすい

DODクーラーバッグのショルダー

バイクから降ろして少し歩く場合でもショルダーが付いているので両手がふさがってても持っていけるのは地味に役立ちます。

DODクーラーバッグの持ちて

もつ所もしっかりあるので、運びやすさはバッチリです。

かなりガッシリしてるので壊れにくくなってますね。

防水素材で急な雨でも安心

DODクーラーバッグのてかてか

外装は船上の防水シートとして使われているターポリンという素材を使っており、雨に強く浸水しにくくなってます。

ただしチャック部分からは浸水する可能性があるので大量の雨には気を付けましょう。

 

ここもバイクならではの環境に合わせて作られているのでライダーは迷う必要ありませんね。

DODライダーズクーラーバッグのう~んな所

イイ所ばかりではなく少し不満に思うところもあります。

また、色々なレビューも踏まえてう~んな所も紹介します。

連泊だと容量的にキツイ

ここまで容量のことについてがほとんどだったんですが、連泊や2人以上で使うとなるとライダーズクーラーバッグだけでは結構きついと思います。

ソロならギリギリ2泊いけるかどうかですかね。

 

ただ、複数人でのキャンプでも「飲み物用」などで、分けていくならばサイズ感としてもコンパクトなので役立つでしょう。

保冷性能がそこそこ

キャンプで使った時のDODクーラーバッグ

運びやすくソロでちょうどいいサイズ感が売りなので、保冷性能に関しては正直クーラーボックスなどには負けます。

また、ブラックの場合は特に日差しによる温度が上がりやすいので保冷効果は低めになるというレビューもありました。

 

冬はいいんですが真夏に使うとなるとクーラーバッグの置き場所を選ばないとぬるくなってしまう可能性もありそうですね。

まとめ:ソロキャンプやキャンプツーリングにベストな商品

DODのライダーズクーラーバッグはその名の通り「バイク乗りが使う」ということを想定しているので、コンパクトで積みやすく設計されています。

容量はソロキャンプには十分なサイズですが、連泊や複数人の場合はちょっと足りないので、使い分けることが大切です。

 

値段はかなりお手頃なので、これからキャンプツーリングを始めたい人にはかなりオススメできる製品です。