バイクは新車?中古?バイクを買おうと思ったとき、あなたなら「新車」と「中古車」どちらで買おうと思いますか?

 

『バイク買うの初めてだから、新車・中古車それぞれどんな違いがあるのか知りたい』

『お金が無いから中古車選ぼうと思ってたけど、バイク初心者でも大丈夫なのかな?』

 

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • 新車バイクのメリット・デメリット
  • 中古バイクのメリット・デメリット
  • どんな人が○○に合っているのか?

この3つを紹介します。

 

先に言いますが「値段が安いから」という理由で中古車を考えているバイク初心者は一度考え直したほうがいいです。

私も知識が薄いときに「安さ」を優先した結果「全く乗れないバイク」を選んでしまいました。

 

なので、初めて買う人も、乗り換えを考えている人もこの記事を読んで、新車か中古車どちらを買うか考え直しましょう。

スポンサードリンク

新車バイクのメリット

ピカピカの新車

まずは新車でバイクを買うメリット・デメリットから紹介します。

 

結論から言うと「バイク知識が0だったり、周りにバイクに詳しい人がいなければ新車がオススメ」です。

 

具体的には「どんな人が新車を選ぶべき?」の項目で解説します。

バイクの性能をフルで楽しめる

当然新車のバイクは正しいセッティングで、消耗品も新品なので、そのバイク本来の性能を体感する事ができます。

 

中途ハンパにカスタムされた中古品では、バイク本来の乗り心地を体感するのは難しいので、新車で買った人だけが完璧なノーマルを味わう事ができます。

 

バイクは金属部品も多く、オイルやガソリンの劣化によっては各部品も徐々に劣化していきます。

新車はそれらの劣化がなく、クリーンな状態なので気持ちよく乗れます。

故障する確率が低く急な出費に困らない

故障したエンジン

各パーツも新品なので、購入後しばらくは「追加の出費」が無いので、安心してバイクを楽しむ事ができます。

 

万が一故障したとしても、新車購入なら数ヶ月の保証も付いていますので安心して修理に出すことができるのも魅力的です。

 

リスクが少ないというのは初心者に特にオススメしたいところです。

お店によって保証やサービスがつくことも

購入するバイク店がメーカーの正規代理店ならメーカー独自の保証が付きますし、店舗によって様々なサービスがプラスされることもあります。

内容としては延長保証や、定期点検の無料サービスなどお見えによっても違いますので、確認しておきましょう。

スポンサードリンク

新車バイクのデメリット

新車でバイクを買うデメリットも知っておきましょう。

中古車よりも値段が高い

 

当然ですが、中古車よりも値段は高くなります。

 

旧車や稀少なグレードのバイクなどは中古車でも定価以上になることはありますが、現行車では基本的に新車のほうが高くなります。

 

ただし、1年落ちで状態も悪くなく、新車とそこまで値段が変わらない中古バイクの場合だと、保証などを考えた時に新車のほうがお得になる場合はあります。

「車体の値段」の意味では新車が高くなります。

慣らし運転の期間がある

新車のバイクは慣らし運転が必要で、簡単に言うと「バイクの性能を安定させる」ためです。

 

バイクが不良品と言うわけではなく、細かい部品や装置類は、初期故障率が高く、時間の経過とともに安定する傾向にあります。

 

メーカーやバイクにより慣らし運転は変わりますが、基本的には1,000Km程度で、回転数も○○以上上げない。などの指示があります。

こちらもメーカーの説明書に沿って行うことが理想です。

 

なので、新車購入してすぐに遠くにツーリングに行く事が難しいという点ではデメリットになるでしょう。

傷や汚れが気になる

壊れたハーレー

新車でピカピカの状態で手元に来ると心配なのが「キズ・汚れ」ですよね。

 

中古車ならすでに細かいキズや錆などがあるので、多少妥協はできますが、新車はどこを見ても綺麗ですからね・・・。

 

ちょっと錆びてきたり、ちょっとキズがつくだけでも気になってしまうので、転倒なんかショックが大きくなります。

それは運転にも出てしまい、最初の頃は気持ちよく乗れないかもしれませんね。

どんな人が新車を選ぶべき?

ここまで大まかな新車のメリット・デメリットを紹介してきました。

 

なのでここでは「バイクを新車で買ったほうがいい人」はどんな人なのか?解説します。

 

新車で買ったほうがいい人とは

  • 最新のバイクに乗りたい
  • バイク知識がほとんど無い
  • メンテナンスは自分でやらない
  • 同じバイクに長く乗りたい

これに当てはまる人は新車を買ったほうがいいでしょう。

 

新車ならバイクの知識がなくても故障率は少なく、定期点検で購入したバイク店に出せば自分でメンテナンスができなくても安心です。

さらに長く同じバイクに乗りたい時も新車から乗り始めたほうが圧倒的に長くのれます(飽きなければ)

 

値段の面では、中古車が絶対安いと思いがちですが、状態によっては「バイク初心者が中古に手を出すと逆に高くつく」場合もあるので、注意しましょう。

 

この話は中古車のメリット・デメリットでも紹介します。

スポンサードリンク

中古バイクのメリット

次に中古でバイクを買うメリット・デメリットを紹介します。

 

結論から言うと「バイクを自分でメンテナンスできる、もしくはやりたいなら中古車がオススメ」です。

 

さらに詳しくは「どんな人が中古車を選ぶべき?」の項目で解説します。

新車よりも安く買える

ほとんどの人が思う中古バイクの一番のメリットが安く買えることでしょう。

 

年数はもちろん、型落ちするたびに値段は下がりますので、マイナーチェンジのタイミングなども見ておくと良いでしょう。

バイク店によって値段もかなり変わってきますので、様々なお店と相場を比べて見る事が大事です。

 

ただし、旧車や人気の型の場合は年数が落ちて台数が少なくなるほど価値あがり、金額も高くなります。

慣らし運転はほとんどが済んでいる

新古車でもない限り、慣らし運転は終わっている車体がほとんどなので、納車当日から遠方へのツーリングにも行けます。

意外と時間がかかったりわずらわしい慣らし運転がなくなるのは楽です。

古い型のバイクが選べる

新車と違い、幅広い選択肢の中から選べるのは中古車だけです。

 

特にバイクは見た目や性能が車体によって大きく違いますので、例えば同じNinja250でも昔のと今のでは別のバイクのように感じます。

 

なので好きなバイクが決まっている場合は中古でしか選択肢が無い場合もありますね。

250ccなら排気規制により250cc4発の車体は新車では買えないので、コチラも中古車だけの特権になります。

多少の傷や汚れは気にならない

元がきれいな車体だと小さなキズや汚れが目立ちますが、中古車の場合どんな綺麗にしていても多少のキズはあります。

 

もちろん金属部品の錆びもありますので、新たなキズが気にならなくなります。

つまり、のびのびとバイクに乗る事ができるでしょう。

 

私もかなりの神経質ですが、中古で買ったバイクは、キズを気にすることなく最初から楽しめました。

中古バイクのデメリット

状態が悪すぎると普通に乗れないレベル

これは「安い」というメリットの裏側になる問題です。

 

『安さには理由がある』

 

これが全てです。よく考えて見てください、バイクのプロが販売しているのに「相場よりも明らかに安いバイク」が売れ残ってること事態怪しいのです。

もしそれが、バイクの車種と年式の価格相場と近いなら問題ありませんが、明らかに相場よりも安い場合・・・何かあると思って間違いないです。

 

まぁ実際にバイク店に聞いてみるのが一番いいでしょう。全部教えてくれることは稀ですが、事故歴など最低限のことは教えてくれると思います。

 

あと注意してほしいのが「現状販売車」です。

バイク店によっては「置いてある状態で渡します」というバイクがあり、整備料金がかからないので普通の中古車よりもかなり爆安で売られています。

しかし、ほとんどの場合「捨てるレベル」なので、自分でメンテナンスができない人が買うと地獄を見ます。

 

気になる人は『バイク店で中古「現状販売車」を買ったら地獄を見た話』をご覧ください。

消耗品交換で高くつく事もある

バイクの消耗品はとても多く、部品によっては短くて3ヶ月などかなり短いスパンで交換が必要になります。

 

オイルでも1本1000円近くするので、自分で交換するとなんだかんだ3000円近くかかります(オイル容量によるけど)

なので、中古車を買ったはいいけど、交換すべき消耗品が多すぎて、結局プラス数万円かかった。という話もザラにあります。

 

対策としては購入時にバイク店に『どの部品がそろそろ交換時期なのか?』を聞き、サービスで交換してもらえるのか?交渉しましょう。

そこで大事なのが、バイク知識なので少しでも勉強したほうがいいです。

 

無料で交換してくれやすい部品としては

  • バッテリー
  • チェーン
  • タイヤ

などです。

目で見えるタイヤやチェーンについては突っ込んでおきましょう。バッテリーや灯火類はほとんど交換してくれます。

知識がない場合はバイクに詳しい人を連れていくと交渉がスムーズになります。

古すぎるバイクはパーツが無い可能性も

中古車のおおきな問題としては「純正パーツが無い」というかなりでかいデメリットがあります。

 

旧車はもちろん、不人気車で年数が経っているバイクなどもパーツの入手が難しいです。

 

購入したバイク店に聞いてみると、色んなところからパーツを探してくれるので、まずは相談しましょう。

自分で選びたいならオークションで部品を探すか、パーツ取り車として車体ごと低価格で購入するか、何個か方法があります。

 

人気車種なら心配はありません。

スポンサードリンク

どんな人が中古車を選ぶべき?

ここまで大まかな中古車のメリット・デメリットを紹介してきました。

 

そして「バイクを中古で買ったほうがいい人」はどんな人なのか?解説します。

 

中古で買ったほうがいい人とは

  • とにかく安くバイクが買いたい
  • 古い型のバイクが選びたい
  • 自分でメンテナンスができる

これに当てはまるなら中古でバイクを買うことをオススメします。

 

中古車の最大の特徴は「安く買える」ことにあり、年式によってはデザインが同じでも新車より半額以下で購入することができます。

しかし、中古車は当たり外れがあるので、自分でメンテナンスができる人じゃないと下手すれば新車が買える位にお金がかかる可能性もあります。

 

あとは、乗りたいバイクが既に決まっているなら、中古車からしか選べない場合もありますよね?

 

好きなバイクが決まっていて、自分である程度整備ができる人なら中古車がオススメです。

まとめ:まったくの初心者なら新車がオススメ

出典:モーターファン

バイクを買うときに「新車か中古か」悩みます。

新車がオススメな人

  • 最新のバイクに乗りたい
  • バイク知識が無い
  • メンテは自分でやりたくない
  • 同じバイクに長く乗りたい

 

中古車がオススメな人

  • できるだけ安く買いたい
  • 古い型のバイクが乗りたい
  • 自分でメンテしたいorできる

 

値段に関しては「車種・年式・状態」によってかなり変わってきます。

 

とにかく、車種と年式から相場を確認し、明らかに相場よりも安い場合は特に注意しましょう。

 

下手すれば中古車なのに「新車が買えるくらい高くつく」可能性もありえますので・・・。

 

それを踏まえてバイク知識が無いひとは新車を買ったほうが間違いなく安全です。

 

バイク知識やメンテナンス技術は徐々につけていけばOKですので、まずはバイクを好きになるところから始めましょう。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』