バイクの現状販売が闇すぎる!!初心者は中古車絶対に手を出さないほうがいい

バイク屋にて中古車を買おうとしているあなた、中古を選ぶ理由としては「値段が安いから」というのが一般的ですよね?

そんな時に相場よりも激安のバイクを見つけても、ちょっと待った!!

もしかしたらそのバイクは現状販売ってなっていませんか?今回はそんな現状販売のバイクのリスクについての記事になります。

バイクメン

現状販売車ってめちゃくちゃ安いバイクがあるけどなんで安いの?

ライダーA

現状販売車のリスクってなんなの?とにかく安く買いたいんだけど

こんな疑問を解決します。なので今回は

  • 現状販売車なんてゴミは買わない方がいい
  • 現状販売車を買うメリットはあるの?

この2つを紹介します。

最初にいうと、バイク初心者はなにがあっても現状販売車は買うべきでありません。地獄を見ます。

バイクメン

初日から普通に乗りたいなら整備込みの中古車にしよ

逆に、パーツ取りや置物としてのバイクがほしいならば購入しても良いんじゃないでしょうか。それでは詳しく解説します。

目次

現状販売車という闇

まじでバイク屋の闇の部分ですね。もちろんバイク店によっても変わりますが、何もしらない初心者に説明せずに現状販売車を押しつけるのは終わってます。

正直な話、バイクユーザーを減らす原因にもなるでしょう。

現状販売=売れなくなったゴミ

まず『現状販売車って何?』って所から説明します。

そもそも中古バイクは、バイク業者がオークションや下取りなどから入ってきたバイクを整備して、中古品として売り出します。

バイクも機械なので、たまたま入手した車両の状態が悪すぎて「整備しきれないor整備しても赤字になる」というケースもありますよね。

バイクメン

古くて不人気者とかは特にね

そのまま放置しても邪魔になるので、整備無しの格安で売りに出されれたのが「現状販売車」になります。

なので値段はめちゃくちゃ安くなってることが多いです。

しかし、バイク屋が修理しきれないと投げるレベルなので、初心者では到底治せないほど状態が悪くなっています。

簡単にいうと「ただの鉄クズ」って事です。

基本的に整備+保証はついていない

お店によっては、エンジンをかけてみて、少しの整備はしてくれるかもしれません(サービスで)が、ほとんどは外装を拭いただけのバイクを渡されるでしょう。

さらに現状販売車はお店の保証がありません。

つまり納車した瞬間にエンジンがかからなくなっても、責任は取りませんよということ。

もしくは修理にはお金がかかります。とにかく文句を言ってもそれが現状販売なのでどうしようもありません。

知識0の若者というカモ

とは言っても知識がない状態で中古車を買おうとしている人にも責任があります。

「安かろう悪かろう」がストレートに感じられるのが中古バイクですので、『安いからラッキー』ではなく『なんでこんなに安いんだろう?』と、怪しまなきゃダメですよ。

バイクメン

「知識=損する確率を減らせる」バイク以外でもいえるよね

特に闇を感じるのは「初心者だと分かってて現状販売車の状態を教えない店」にあります。

たしかに商売だからと言ってしまえばそれまでですが、そんな事をしてるとバイクユーザーだって減るだろうし、口コミで『あそこの店は絶対やめたほうがいい』と噂される原因にもなります。

なので、バイクを購入しようとしているあなた、しっかりとバイクの知識をつけてから中古バイクを見に行きましょう。

現状販売車を買うメリットは?

しかし100%現状販売車にメリットが無いか?といえば実は使い方によってはメリットがあります。

でも、「乗り物としてのバイク」にはほぼ使えません笑

パーツ取り車にする

一部のパーツを流用して使う場合には、オークションなどで少しずつパーツを買うよりも、車体ごと買ったほうが安くなるケースもあります。

そんなときに現状販売車は割りとオススメでして、オークションのパーツ取り車の場合、現状販売車よりも状態が悪くなっている可能性もあります。

なので、ギリギリ動く現状販売車のほうがパーツ取り車としては適しているでしょう。あとは、どのくらいのパーツを取るのかにもよります。

カスタムベースにする

ノーマルの状態から自分好みのカスタムをする場合やエンジンも載せ替えを検討しているなら現状販売車で安く買って、フレームだけ使うとかそんな使い方もできます。

メインで使うのは難しいですが、遊び感覚でオリジナルなバイクをくみ上げるなら現状販売車はベースとして使いやすいでしょう。

分解してバイクの仕組みを知る

バイク初心者でも使い道はあります。

バイクの知識は本やネットでみるよりも、実際に自分の手で分解して見る事が大切です。

現状販売車でなおかつ乗らないなら、一度分解して、バイクの構造を理解するのに役立ててみてはいかがでしょうか?

外したパーツはオークションに出して、少しでもお金にかえられると思いますし。

一度バラバラにすると理解が深まります。

まとめ:乗る用のバイクじゃなければ現状販売でもアリ

現状販売車は「乗るためのバイクがほしいなら絶対に買ってはいけません」保証もないので、いきなりぶっ壊れても泣き寝入りするしかありませんので。

それならば少し高くても中古車を買うほうが5億倍いいでしょう。

現状販売車の使い道としては

  • パーツ取り用
  • カスタムベース用
  • 分解用

に使えるので、役目0とはいえません。余ったパーツはオークションでも売れますし。

ですが、バイクがほしい初心者は現状販売車に騙されないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる