マニュアルのバイクに乗っていると荷物のことが心配ですよね?

とくにロングツーリングやキャンプなど荷物が多くなるときにはなかなか悩みます。

 

『バイクに荷物を積みたいんだけどリアボックスってどうなの?』

『リアボックスってどんなのがおすすめなのかな?』

 

こんな疑問を解決します。なので今回は

  • リアボックスの特徴とは?
  • リアボックスの選び方
  • おすすめのリアボックス5選

この3つをメインに紹介します。

リアボックスがあれば通勤・通学はもちろん、ツーリングにも役立ちますので、是非参考にしてください。

▼定番のリアボックス▼

リアボックスの特徴

リアボックスがあると世界が変わる

リアボックスはトップケースとも呼ばれ、バイクのテール部分に取り付ける箱のようなものです。

よくおじいちゃんがスクーターの後ろにデッカイ箱積んでるのを見た事があると思いますが、それがリアボックスです。

インパクトが強いのでメリットもありますが、デメリットも大きいのでしっかりと知っておきましょう。

リアボックスのメリット

まずはリアボックスのメリットですが、何といっても荷物を沢山入れることができるのが最大のメリットです。

サイズにもよりますが、最低でもヘルメットが一個入る大きさなので、急に雨が降ったときもカッパを忍ばせておけば濡れなくて済みますよね?

 

他にも替えのグローブやちょっとした工具、夜間使うように「ヘルメットのクリアシールド」などを入れておくとめちゃくちゃ便利ですし、ワンタッチで開け閉めができるのも手軽でいいです。

リアボックスデメリット

デメリットとして大きいのが、「バイクの外観が大きく変わる」ということ。

やはり「おっさん臭い」というイメージが強くありますので、スポーツタイプやイケイケなネイキッドには似合わないでしょう。

完全にツーリング使用のバイクならマッチしますが、やはり外観が変わるのはデメリットになりますね。

リアボックスの選び方

多くのメーカーがリアボックスを販売しているので、正直どれを選べばいいか迷います。

なので、リアボックスのおおまかな選び方を知っておくと、どれを買えばいいのか分かりやすくなります。

サイズ・容量

リアボックスには25L~58Lくらいまでのサイズがあります(もっとあるかも)

ですが大きければいいと言うわけではなく、バイクの車体からはみ出しすぎると違反になります。

  • 長さ(トップケースなど)は、30cmまで。
  • 幅(サイドバッグなど)は、30cmまで。(左右15cm以下)
  • 高さ(ボックス重ねたりなど)は2mまで

この数値からはみ出ると警察に止められることもありますし、シンプルに安全性が損なわれるので、しっかりと守りましょう。

既製品をその通りに使えば、まず大丈夫だと思いますが、バイクによっても変わりますので、注意しましょう。

 

また、ビッグクーターとオフロードなどのバイク自体の安定性によっても、同じサイズではバランスが取りにくくなることもあるので、気を付けましょう。

値段

リアボックス(トップケース)での有名メーカーは「GIVI」で、使いやすさやデザインがいいんですが、ちょっとお値段が高めです。

なので、性能で選ぶか値段で選ぶかは結構難しい問題です。

 

お金に余裕があったり、性能を優先するならGIVIケース。

すこしでも安く済ませたいなら他のメーカーを選びましょう。

リアキャリアはついている?

リアボックスを買う前に「リアキャリア」はついているか確認しましょう。

写真のようなテール部分に付いている鉄のアミアミのことです。

リアボックスを固定するにはリアボックスに付属している「ベース」を、リアキャリアに固定して使うのでキャリアがないとリアボックスは取り付けができません。

 

バイクごとに販売されているので、「○○(車種名) リアキャリア」と検索して、適合するキャリアも一緒に買いましょう。

おすすめのリアボックス5選

ここからはリアボックスのおすすめを5つ紹介していきます。

予算やデザインなどでお好みのボックスを選びましょう。ただしサイズが適合するかは事前に調べておく必要があります。

【37L】モノロックケース / GIVI

有名な「GIVI」のトップケースです。容量は37Lなので、ヘルメットの他にレインコートやグローブなども入れられる、ちょうどいいサイズなので、かなりオススメです。

耐久性もさることながら防犯機能も兼ね備えていますので、通勤・通学からツーリングまでコレさえあればどんなシーンでも使えます。

イタリアのメーカーなので、デザインも洗練されていますね。

 

容量は様々なので、自分に合ったサイズを探して見てください。まよったらGIVIが間違いないです。

【33L】SH33 トップケース / SHAD

こちらも有名なメーカーで、一言で言うなら「コスパ重視」です。

GIVIよりもスタイリッシュなデザインなのでネイキッドやスポーツタイプのバイクにマッチします。

さらに値段も控え目なので、学生でも購入しやすいリアボックスでしょう。ワンタッチでの開け閉めなど使いやすさもこだわりがあります。

【32L】リアボックス / バイクパーツセンター

庶民の味方「バイクパーツセンター」のリアボックスです。

とにかく安いのが特徴で、『とにかく安いリアボックスでいいや!』って言う人にはうってつけの製品です。

作りが安っぽいのはしょうがないですが、しっかりと使えるのであなどれません。

【42L】モノキートップケース / GIVI

高級志向なら正方形のケースタイプのはどうでしょうか?

容量も42Lと大きいので、キャンプやロングツーリングにも使いやすいボックスだと思います。

アドベンチャータイプのバイクに似合いそうですね。

 

普通のボックスとは違うものを付けたい人にはオススメです。

【35L】アンテナ付きトップケース / QIONGYU

オシャレなデザインのリアボックスでして、なぞのアンテナがついています笑

見た目よりもサイズ感は大きく、35Lもあるので、しっかりと荷物も入ります。ほとんどのリアキャリアにも対応しているのでしっかりと取り付けも可能。

人とは違うリアボックスを求めているなら買ってみてはいかがでしょうか?

まとめ:積載量を増やすならリアボックスがおすすめ

リアボックスのメリットは「積載量が数十倍にもなる」ということで、通勤・通学やツーリングにはかなり助かる。

デメリットは「バイクのイメージが変わる」ということで、若干オッサン臭くみえる。

 

選び方として重要なのは「サイズと値段」でして、サイズに関してはあまり大きすぎてもつかわないし、邪魔になるので30~40L辺りが使いやすいサイズです。

ヘルメット入れるだけなら27LでもOK(ただしメットだけで終わるかも)

 

※リアボックスを購入する前には「リアキャリア」がついているか確認しましょう。

 

おすすめのリアボックス

シンプルなリアボックス

自分に必要なサイズと性能を選ぶのが大切です。

リアボックスを取り付けて、快適にバイクライフを送りましょう

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』