車載工具


急なトラブルに対応できるように車載工具が積んであるか確認しておきましょう。

 

『車載工具ってバイクのシートに入ってる工具?』

『車載工具って純正以外にも入れておいたほうがいい物ってあるのかな?』

 

こんな疑問を解決します。なので今回は

  • 車載工具は必ずバイクに用意されているのか?
  • 最低限必要な工具と便利な物
  • おすすめの車載工具セット

この3つを紹介します。

 

特に自然の多い場所にツーリング行くときは近くにバイク屋や、ホームセンターが無い場合もありますから、しっかりと車載工具は用意しておきましょう。

 

▼迷ったらコレ▼

車載工具は必ずバイク用意されてるのか?

車載工具は別途購入がおすすめ

冒頭でも書いた通り、車載工具はバイクのシート下に入っている工具セットですが、中古車や、車種によっては純正品が用意されていない場合もあります。

なので必ず入って入るとは限りませんが、一応確認してみるといいでしょう。シートを開けてどっかしらのスペースに置いてあると思います。

質はあまりよくないので別で購入するのもアリ

どちらにせよ、純正の車載工具は「超緊急用」なので、使いにくいし別で用意した方が言いでしょう。

 

ただ、プラグレンチに関しては別で買うのもなんとなくもったいないので、残っててほしい工具ではありますね(入ってなくてそれだけ買いに入ったことがあるので・・・)

 

工具の世界はとても奥が深いので、様々な工具についてもっと勉強したい人やオススメの工具を知りたい人は、現役整備士のウミガメ@工具ブロガー@umigametool)さんの運営している

ウミガメの車と工具の日記』を読んでみるとかなり勉強になります!

車載工具が活躍する具体的なトラブルとは?

出先でのトラブルといえば

  • タイヤのパンク
  • バッテリー上がり
  • 転倒での曲がり・折れ
  • 点灯類が切れた

などが、特に多いでしょう。

大きな事故でなければ初心者でもパッと直せてしまうことも多いので、バイク屋に行くまでの応急処置として覚えておくといいでしょう。

 

もしもバイクが完全に止まってしまい、応急処置もできない状態になったらムリをせずに「ロードサービス」を使いましょう。

ツーリングに頻繁に行く人は、万が一の事を考えて『JAF』や『ZuttoRide Club』などのロードサービスに加入するのをおすすめします。

 

まだ入ってないの?バイク乗りのロードサービス「ZuttoRideClub」の特徴』こちらの記事でも書いた通り、未加入でロードサービスを頼んだ場合「一撃で数年分の会員費が飛ぶ」くらいめちゃくちゃに高くなります。

少しでも不安なら絶対に入っておくべきです。

 

話がそれましたが、車載工具もロードサービスも『万が一の保険』なので、バイクトラブルという点で見直しましょう。

スポンサードリンク

最低限必要な車載工具は?

前述したトラブルに対応するための最低限積んでおきたい工具を紹介します。

純正では入っていない工具もあるので、その時は追加で買いましょう。

迷ったら車載工具セット

内容は

  • ソケットレンチ
  • プラグレンチ
  • コンビネーションレンチ
  • モンキーレンチ
  • ドライバー
  • 六角レンチ
  • プライヤー

バイクで特に使われるサイズが入っているので、コレひとつあれば車載工具としては充分です。

少しお値段が高いんですが、個々で買うと以外と変わらなくなるので悩んだらセットがオススメです。

ソケットレンチ

個人的には一番使用頻度が高いのがソケットレンチなので常備しておきたいんですが、問題はシートしたのスペースだけで収まるか?ってところです。

なのでソケットの中でも「よく使うサイズ」を選抜して入れておくのがいいかもしれません。

 

かんたんなものなら、コンビネーションレンチでも代用できますのでお好みで。

六角レンチ

純正の車載工具でも入っている六角レンチも地味に使います。

 

私の場合、バーエンドミラーにしていたとき、バイクの振動ですぐにイモネジが緩くなってしまう状況だったので、六角レンチは必須アイテムでした。

 

他にも使う機会の多い工具なので、用意しておきましょう。

コンビネーションレンチ

メガネレンチとスパナのコンビネーションレンチもよく使う工具なので、よく使うサイズを常備しておきましょう。

ソケットレンチセットに比べてサイズを揃えてもかさばりにくいので、バッグ類を使わずに全てシート下に収納する場合はコチラの方があってるかもしれません。

ドライバー(+-)

とりあえず必要ですよね。ドライバーはボルトに比べて替えがきかないので必ず積んでおきましょう。

サイズとしては2番がよく使われるので、最低でも2番はもちましょう。

 

もし、サイズが合わなかったらムリして外そうとしないように。

ネジ頭が潰れてもっと外しにくくなります。

プラグレンチ

出先でプラグ交換をすることって滅多にないんですが、純正の車載工具にも入っていますし、あなたのバイクにあうサイズのプラグレンチは用意しておくといいでしょう。

色んなタイプのプラグレンチがありますが、やっぱり純正が使いやすいんですよね・・・。

 

何度も言いますが、プラグの規格によってサイズが変わりますので調べてから買いましょう!(失敗しそうになった事があるので)

スポンサードリンク

バイクに積んでおくと便利な物

ここからはバイクに常備してあると便利な物を紹介します。

必ずしも必要ではありません。が、自分以外にもトラブルがあったときように積んでおくと助かる人もいるでしょう。

ヒューズ

例えば、どこかしらから電源をとってUSBで充電できるようにしていたり、ナビを付けていたり、ネオン管(古い?)つけていたりすると、ヒューズが飛ぶこともあります。

 

そうじゃなくても電気系統のトラブルで一番多いのはヒューズが飛ぶ事なので、予備として持っておくといいでしょう。

 

各アンペアのミニ平型ヒューズセットがたくさん入っててお得なので、適量を小分けにしてバイクに忍ばせておくといいです。

バッテリースターター

ロードサービスが発表した出先でのトラブルの1位が「バッテリー上がり」です。

キャブ車なら押しがけでどうにかなるかもしれませんが、Fi車だとちょっとムリがありますよね。

 

そんな時に役立つのがスターターです。

LUFTのジャンプスターターは充電式なので、他の車から電気をもらう必要がなく、これ1台あれば解決します。

詳しくは『LUFTのジャンプスターターが神すぎる!!|キャンツーからモトブログの充電は全て解決』こちらの記事へ。

ビニールテープ・タイラップ

カウルが損傷した時や、事故で破損した部品が首の皮1枚で繋がっているときなどの補修用として、ビニールテープやタイラップは使えます。

あまりオススメはできませんが、レバーやステップが取れたときもグルグル巻きにしてバイク屋まで乗って行く事もできる事もありますしね。

 

とにかく荷物になりにくく、いざという時にかなり使えるので、補修用のアイテムは持っておきたいですね。

カッターナイフ

ビニールテープやタイラップの余分な部分をカットするのにカッターナイフがあると便利です。

ハサミでもOKですが、どっちにしても手を切らないように注意しましょう。

まとめ:もしものために車載工具は必ず用意しておこう

車載工具は出先でのトラブルを解決するための必要最低限の工具。

バイクによっては純正の車載工具が積まれていることもあるが、性能はイマイチだし種類が少ないので、別で用意したほうがいい。

 

とりあえず積んでおきたい工具は

の5種類。

 

『どのサイズを選べばいいか分からないし、メーカーで迷う』という人には『車載工具セット』がおすすめ。

他にもあると便利な車載アイテムとしては

がある。

 

これらは出先での緊急用としての役目なので、しっかりとバイク屋なり自分でなり修理しましょう。

もし、車載工具を使っても動かないor走れない状況になったら、レッカーを呼びましょう。

 

レッカーを使うなら、確実に『ロードサービスへの加入』をしたほうがいいです。

 

関連記事>>>バイクツーリング中の事故や故障時におすすめのロードサービスを紹介

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

 

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

 

『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』はコチラ