ヘルメットを脱いだ後におすすめの帽子4選|持ち運びを楽にする方法を解説

ツーリングで困るのが降りた後の髪形の崩れです。

バイクメン

さすがにこの髪型で外歩けない…

ライダーA

普段帽子被らない俺にもおすすめ教えて!

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • バイクを降りた後は帽子がおすすめ
  • バイク乗りにおすすめの帽子4選
  • 髪型を崩れにくくするバイクグッズ

この3つを、「帽子が大好きなでツーリングには必ず帽子を持っていく」私がおすすめを紹介します。

手軽なので帽子は本当にオススメです。

バイクメン

冬ならニットもありだね

▼迷ったら無難なキャップがオススメ▼

目次

バイクを降りて観光するときは帽子を被ろう

長時間バイクで移動した後、観光地を巡ったり食事をしたりするとき髪型が気になりますよね?

女性や元々ペッタンコな人なら、そこまで変な感じにはなりませんが人によっては

バイクメン

うわ~こんなんじゃ外歩けないよ~

こんな方もいるでしょう。

毎回バイクから降りたら髪形をセットするのもめんどくさいし、ヘルメットがどんどんワックスでベトベトになって気持ち悪いですよね。

なので今回のテーマの「手軽・清潔・バイクファッションに合いやすい」の3拍子そろった「帽子」を被れば解決です。

ライダーはどんな帽子を選べばいいの?

基本的には

  • キャップ系
  • ニット帽系

を選べばOKです。

①キャップは前にツバがあるシンプルな形の帽子ですが、色々と種類があります。ストリート系ならスナップバック、カジュアルならワークキャップなどがあります。

②冬なら暖かいし、被っていても自然です。夏用のビーニーなどもあるので、好みで選ぶといいでしょう。

バイク乗りにおすすめの帽子4選

できるだけどんな服装でも似合いそうないわゆる「無難」な帽子をメインに紹介します。

キャップ / ザ・ノース・フェイス

ごちゃごちゃのデザインよりもワンポイントでロゴが書いてある程度のシンプルなものがオススメ

このキャップは素材がゴアテックスなのでちょっとお高めですが、雨の日でもガンガン使うことができるのでかなり最強なキャップです。

ワークキャップ / ニューエラ

ワークキャップはニューエラがおすすめ。あまりロゴが主張していないので大人っぽく被れます。

バイクメン

最近はあまり見なくなった気がするけど

ステッカーが気になる人は早めに剥がしましょう。長く貼っていると日焼けで形が残ってしまいますので…。

ニットキャップ / チャンピオン

ニット帽は色々なブランドからでているので、好きなブランドを選んだり形を選ぶのがいいでしょう。

チャンピオンのはニット帽は長さや形が好きなので愛用しています。

ビーニー/ ビームス

ブランドによって厚さやだったり、シルエットがかなり変わってきます。

少し薄めなので厚めのニット帽よりもサッとスマートにかぶることができるので多くの人に似あうのが特徴です。

髪型を崩れにくくするバイクグッズもある

それでも『帽子は似合わないからかぶりたくないなぁ・・・』という人もいるはず。

エアーヘッドというアイテムは、ヘルメットと頭皮の間に空間を作り通気性をアップさせる効果があります。

バイクメン

風が通れば蒸れない

空間を作り、通気性を良くすることで湿気が溜まりにくくなり「髪がペチャンコで固定されなくなる」ということです。

さらに詳しくは『ヘルメットで髪型が潰れにくくなる「エアーヘッド」という神アイテム|ハゲ防止にもつながる』こちらの記事を参考にしてください。

まとめ:バイクから降りたら帽子を被ろう

そんな時は手軽に解決できる防止がおすすめ。

バイクにおすすめの帽子4選

あまり多すぎても選びにくいと思うので、4つにまとめました。

個人的におすすめはやはりノースフェイスのゴアテックスキャップです。

バイクメン

デザインと機能性がいいしアウトドアブランド流行ってるし

バイクのコラム一覧へ戻る

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる