サイドスタンドを付けているスクーター


50cc原付スクーターのサイドスタンドについての記事です。

 

『原付のサイドスタンドってあるけど、どんなメリットがあるの?』

『サイドスタンドっていくらくらいで付けられるのかな?』

 

こんな悩みを解決します。なので今回は

  • そもそもサイドスタンドとは?
  • サイドスタンドのメリット・デメリット
  • サイドスタンドの変える場所・取り付け方法

この3つを紹介します。

結論から言うとサイドスタンドは「便利すぎてあるのとないのじゃ500倍くらい差がある」と、個人的には思っています。

 

実際に取り付けも本体自体も安いので、もしセンタースタンドでの乗り降りがめんどくさいと感じているなら速攻でサイドスタンドを導入しましょう。

スポンサードリンク

そもそもサイドスタンドとは?

50ccの原付スクーターの場合、ほとんどの車種が「センタースタンド」なので、いちいちバイクから降りて『ヨイショっ』と言いながらバイクを停めるようになります。

 

これって頻繁に乗り降りするようなシチュエーションだとかなりメンドクサイですよね?

 

そこで、サイドスタンドという車体の左部分に取り付けて、サッとバイクを停められるパーツがオススメになります。

郵便やレストランなどの配達員がサッとバイクを停めて、サッと走り出してるのをみてると思いますが、あれはサイドスタンドを使っているからですね。

 

一度体感するとサイドスタンドなしじゃめんどくさくて原付なんか乗れないレベルになりますよ。

ちなみにマニュアル車や50cc以上のスクーターには標準でついていることが多いです。

原付サイドスタンドのメリット

原付スクーターにサイドスタンドを取り付ける2つのメリットを紹介します。

というか本体代や取り付けの手軽さのわりにメリットがデカすぎるのでここまで読んだら普通の人は取り付けますね笑

乗り降りが500倍ラクになる

最大のメリットがこの「乗り降りがラクになる」ということ。

 

実際にセンタースタンドでは、バイクを停めるときには一度バイクから降りて、足をスタンドに引っかけながら後ろに引っ張ります。

で、スタンドから降ろすときはフロント側に重心をかけて降ろします。

慣れれば問題ないですけど頻繁に乗り降りするならめっちゃメンドクサイです。

 

サイドスタンドを取り付ければ、バイクに乗ったまま左足でサイドスタンドを降ろして、スタンドを上げるときも片足でサッと上げられます。

リアルに2秒くらいで力を入れなくてもバイクが停車できるのはめちゃくちゃ便利です。

風が強い日に倒れにくくなる

台風などの風が強くてバイクがぶっ飛ばされそうなとき、実はサイドスタンドの方がバイクが倒れにくいのは知っていましたか?

 

見た目的にはセンタースタンドの方がしっかりと固定されているように見えますが、真ん中でバランスを取っているの強風がふけばカンタンに流されてしまいやすいんです。

 

それに対してサイドスタンドは、左側に重心が乗っているので右からの風ではまず倒れません。

ただ原付自体の重量が軽いので反対側には流される可能性はあります。なので、ブロックなどの重い物と原付をロープで固定して右側には倒れないようにしましょう。

 

サイドスタンドは「強風でも倒れにくい」というメリットがあります。

スポンサードリンク

原付サイドスタンドのデメリット

とはいっても一応デメリットはありますが、普通に乗っていれば気にならないレベルですが紹介します。

曲がるときにサイドスタンドを擦りやすくなる

サイドスタンドを取り付けると少し出っ張りが増えますので、左カーブの時にサイドスタンドを擦る可能性があります。

ただし、原付をかなり倒すようなカーブをしなければ当たりません。

 

なので普通に走って、普通にカーブするくらいな問題はなしです。

重量が重くなる

バイクを固定するパーツなので重量はしっかりと増えます。

 

ただ、同時にセンタースタンドを外すならむしろ軽くなるかもしれません。どちらにしてもレーサーじゃないので感じないレベルの重量はあまり関係ないとは思います。

 

ということで一応デメリットはありますが、普通に使うくらいなら気にならないレベルです。

サイドスタンドはどこで買えるの?取り付け方法は?

『サイドスタンド付けたいけどどこで買えるの?』っていう疑問。

確かにバイク用品ってメーカーも多いし、車種や年式によっても取り付けができるか謎ですもんね・・・。

そこでオススメなのが「バイク屋に相談する」と言うことです。というかこれが確実です。

基本的にはあなたがバイクを買ったショップに聞いてみるのがいいでしょう。

でも、ショップが遠かったり、原付がもらった物だったらカンタンにはいきませんね。

 

なのでそんなときは、近所のバイク取扱店やバイクパーツショップに電話して見ましょう。

大型のバイクショップならバイク用品はもちろん、その場で取り付けを行ってくれる店がほとんどです。

自分のバイクにはどのサイドスタンドを買えばいいのかも店員に相談してみるとネットなどで探してくれるので失敗がありません。

自分で取り付けしたいならネットで安く買える

もしも自分で取り付けにチャレンジしてみたいという人は「ネットでサイドスタンドを買う」のもひとつの手です。

よく探せば純正品も見つかるでしょうし、汎用品など純正よりも半額くらい安いスタンドも見つかるでしょう。

注意点としてはしっかりと「適合する車種と年式」を確認してから購入するようにしましょう。

また、原付によっては加工が必要な場合もありますので、慣れていない場合はネットで取り付け作業を勉強しましょう。

まとめ:足として原付にのるならサイドスタンドは必須レベル!

原付スクーターを足として頻繁に使うならサイドスタンドは便利すぎるので付けた方がいいです。

サイドスタンドのメリット

  • 乗り降りが500倍ラクになる
  • 強風でも倒れにくい

サイドスタンドのデメリット

  • カーブで擦りやすくなる
  • 車重が重くなる

サイドスタンドを付けようと思ったら、買ったバイク屋もしくは大型のバイクショップにてあなたの原付の車種と年式を伝えましょう。

また、取り付けは加工も必要になる場合があるので、できればプロに頼みましょう。

 

アマゾンでもっとお得に買いものをしよう!

バイク用品をAmazonで購入するならAmazonギフト券での買い物がおすすめです!

表のようにチャージ金額×最大2.5%のポイントがゲットできます!

さらに初めてのチャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(5,000円以上のチャージが必要です)

 

Amazonでの 買い物がかなりお得になるので、まだ試していない人はぜひチェックしてみましょう!

初回限定キャンペーンページはこちらから⇒『Amazonギフト券チャージ初回購入限定ページ』