半ヘルはノーヘルレベルで危ない!大型バイクでも違法ではないが危険だから今すぐ捨てろ

当ページのリンクには広告が含まれています。

半ヘルのアイキャッチ

フルフェイスを被っていると、夏なんか蒸し暑くてか地獄ですよね。

それなら開放感のある「半ヘル(ハーフヘルメット)」を被りますか?といわれたら

バイクメン

逝く覚悟があるならば被りますが…

ということで、「半ヘル」の危険性についての記事になります。

  • 半ヘルとは?
  • 半ヘルのデメリット

正直に言うと半ヘルは飾りで、被ってる意味が無いというのが個人的な意見です。

これからバイクに乗り始める初心者ライダーや、バイクが好きな子供をもつ親御さんに見ておいてほしい記事です

目次

半ヘル・ハーフヘルメット・半キャップとは?

半ヘル

半ヘルは「半帽」とか「ハーフヘルメット」とも呼ばれる、写真にもあるバイク用のヘルメットです。

見ての通り、頭半分だけを守るようにできています。

バイクメン

若い子に多いね

ドンキや、バイクコーナーのあるホームセンターなどにも売っています。

ダックテール

形も色々あり、写真1枚目のツバが付いているタイプや、ツバなしのダックテールという作りのヘルメット、暴走族とかがよく被ってる耳あてがあるタイプの「コルク半」など。

大型バイクで半ヘル使用は違法にならない

気になるのが125cc用と書かれているので中型・大型バイクでは違法になるのか?ということ。

バイクメン

使用は排気量125cc以下推奨しているだけなので違法ではありません。

ただし、事故を起こしたときのダメージが大きくなるので危険性は高くなります。

半ヘルはデメリットばかり

バイク事故で頭が守れない

事故で大事故を起こした少年

一番大きい理由が事故を起こした時のダメージがでかいということ。

あなたは何の為にヘルメットを被っていますか?被らないと捕まるからですか?もちろんそれも理由のひとつですが

バイクメン

安全のためってのも強いよね

バイクって体むき出しの状態で乗っているので、転倒や事故を起こした時は直接ダメージを受けてしまいます。

中型以上になるとスピードもかなりでます。というか30キロ程度でもコケたら結構痛いですし。

バイクメン

半ヘルは事故時のダメージがムダに大きくなるのが最大のデメリットです。

ゴミや虫のダイレクトアタックを受ける

虫が目に入った男

半ヘルにはシールドがないので、目をカバーできず風をモロに受けますし、小さいゴミやカナブンアタックを喰らいます。

ライダーA

冗談抜きで虫アタックあぶないよな

さらに眼球に虫などのアタックがあると、最悪失明ってこともありえますからね。

まぁ違法ではないので、どうしても半ヘル被りたい人は被ってもいいとは思ってます。

ライダーの中にはよく思っていない人も多い

もし今後ツーリングやバイクのコミュニティに入ってライダーと交流を取る予定なら、知っておきましょう。

半ヘルでバイクに乗る事を良く思っていない人はいっぱいいます。

バイクメン

ここらへんも難しい話ではあるけど

これまでのデメリットの通り、バイクは一歩間違えれば死ぬ危険性も高い乗り物です。

それなのにあえて死亡リスクを高めてる人をみたらどう思いますか?

バイクに乗るなら安全重視のヘルメットを被ろう

粗いのヘルメット

では最後に、バイクに乗るならどんなヘルメットを被るべきなのか?というのを紹介します。

基本的には

  • フルフェイス
  • ジェット
  • オフロード
  • システム

この4タイプのヘルメットを被っていれば、安全性も高く、周りにとやかく言われる心配もありません。

バイクメン

4つかぁ…どのタイプがオススメなの?

という人へ『【完全保存版】失敗しないバイクヘルメットの選び方|サイズや安全規格も解説』の記事を読めば必ず自分に合ったヘルメットのタイプが見つかりますのでチェックしましょう。

まとめ:半ヘルはいいことないから脱ぎ捨てろ

ハーフヘルメットとは、「半帽」「半ヘル」と呼ばれる頭半分だけのヘルメット。

どこにでも売ってて安いので、バイク初心者や、高校生とかに人気がある。

法律的には原付~大型まで使用していても、違法ではないが、一応125cc以下での使用を推奨されている。

半ヘルのメリットは通気性がMAXなこと。

半ヘルのデメリット

  • 事故や転倒時の頭部へのダメージが大きい
  • ゴミや虫が目に当たると事故の元になる
  • ライダーから良く思われないこともある
  • いいバイクに乗っていてもダサイ

バイク事故での死亡原因の1位が頭部の損傷なので、知ってて半ヘルを被ってるなら自殺志願者。

知らないで使ってたならちゃんとしたヘルメットを被りましょう。

事故に遭ってからでは遅いので、バイクに乗る前に安全装備を身に着けておきましょう。

ブラックフライデーセール開催中

「欲しかったヘルメットが45%OFFになってる!」

2023年ラストのビッグセール会場へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

関連記事

目次